ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2015年1月) > 神奈川県立保健福祉大学と横須賀市が包括連携協定を締結(神奈川県立保健福祉大学との共同記者会見)(2015年1月29日)

更新日:2015年1月29日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

神奈川県立保健福祉大学と横須賀市が包括連携協定を締結(神奈川県立保健福祉大学との共同記者会見)(2015年1月29日)

未病を治し、生涯現役社会の実現を

神奈川県立保健福祉大学と横須賀市はこれまでに認知症予防の実践研究、ラジオ体操の普及向上、谷戸地域における学生居住支援など、主に地域の健康福祉に関する連携を進めてきました。
このたび、大学と市がさらに連携を深め、大学が持つ研究ノウハウや知見を横須賀市の市民サービスに生かし、神奈川県の目指す「未病を治す」取り組みと横須賀市の目指す「生涯現役社会の実現」の取り組みを大きく前進させることで、地域の発展につなげていくため、包括連携協定を締結します。

 

1.協定を契機に新たに連携推進を図る事業分野

 

(1)国保の特定健診受診率の向上と保健指導に係る連携

平成20年度から横須賀市において実施している生活習慣病対策(特定健康診査・特定保健指導等)について、特定健康診査の受診率を向上させ、生活習慣病のリスクのある人々を抽出し、保健指導により、生活習慣を改善に導くことを目指し、連携して取り組みます。

 

(2)幼児期、小・中・高等学校における体力・運動能力向上、生活習慣改善に係る連携

子どもの健やかな発育・発達のため、現在問題となっている身体活動量の不足や食生活の乱れについて、体力・運動能力の測定や生活習慣調査等を通して現状を明らかにし、課題や問題点を抽出するための運動能力評価スケールの開発や、地域性を考慮した問題解決のためのプログラム等の開発について連携して取り組みます。

 

(3)食育推進のための小学校「給食時間マニュアル」の作成・普及に係る連携

小学校給食における食育の推進に資するため、全校での統一した給食指導に関するマニュアルの作成と、その普及について連携を図ります。

 

(4)特別支援学校及び特別支援学級教員の専門性向上に係る連携

横須賀市立特別支援学校及び特別支援学級において教員の専門性を高め、専門職との連携を強化するための取り組みについて連携して取り組みます。

 

(5)インターンシップのさらなる推進に係る連携

現行の学生の臨地実習に係る市の受け入れを充実させるとともに、公務員に就職希望の学生向けの新たなインターンシップについても検討を進めるなど、市と大学の人的交流をさらに推進します。

 

2.包括連携協定締結・地域貢献研究センター開設1周年記念講演会

 

(1)日時

平成27年2月8日(日曜日)13時30分~16時30分

(2)場所

神奈川県立保健福祉大学講堂

(3)内容

今回の包括連携協定の締結と県立保健福祉大学の地域貢献研究センター開設1周年を記念した講演会です。テーマは「2020年東京オリンピック・パラリンピックにむけて」。東京オリンピック、メキシコオリンピック重量挙げ金メダリスト・三宅義信さんの講演ほか。

(4)その他

定員は当日先着400人。希望者は直接会場へ(受付開始は12時50分)。

 

 

協定書(PDF:70KB)

参考資料(これまでの本市と県立大学の連携・共同事業等)(PDF:172KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策推進部政策推進課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 政策推進課」で届きます>

電話番号:046-822-8131

ファクス:046-822-9285

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?