ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の組織 > 政策推進部 政策推進課 > 都市政策研究所 > 情報発信 > 横須賀白書・研究活動報告

更新日:2017年4月7日

ここから本文です。

横須賀白書・研究活動報告

<横須賀白書>

「横須賀白書」は、政策・施策を検討するための基礎資料として、横須賀の現状や課題の把握ができるよう、毎年度、テーマを決めて作成しています。

平成28年度は、「住宅」と「経済」の2つの分野に着目し、住宅ストックの現状分析と経済構造分析を行いました。 

 

過去の白書

 

<研究活動報告>

都市政策研究所では、実践的な政策形成の推進を念頭に、活動を進めています。本報告書は、研究員が各年度に実施してきたさまざまな研究活動の成果をまとめたものです。

最新版となる「横須賀の将来予測と対応すべき政策課題の研究」では、将来的に見込まれる本市の人口減少、年齢・世帯構成の変化が、市民の暮らしにどのような影響を及ぼすのか、過去から現在、また将来を含め、客観的なデータの分析により影響を考察し、将来を見据えた上での施策の方向性を例示しています。

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策推進部政策推進課 担当:都市政策研究所

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 政策推進課」で届きます>

電話番号:046-822-8258

ファクス:046-822-9285

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?