ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 横須賀市コールセンター > 横須賀市コールセンターのメリット

更新日:2015年6月15日

ここから本文です。

横須賀市コールセンターのメリット

電話番号・ファクス番号


それまで市民の皆さまからは「市役所のどこの部署に問い合わせたらよいか分からない」「市役所は電話をたらい回しにされる」「平日は仕事で問い合わせができない」「市役所に電話するのは何となく気がひける」といったお声が寄せられていました。
こうした状況を受け、横須賀市ではお問い合わせ総合案内窓口の設置の検討を進め、平成17年9月20日に「横須賀市コールセンター」を開設しました。
コールセンターの運営により、次のようなメリットがあります。

まずはコールセンターへ

「どこの部署へ問い合わせたらよいのか分からない」ときなども、コールセンターへお問い合わせいただければ、オペレーターがお調べいたします。

個人情報に関わることや専門的なお問い合わせ、各種ご相談については、市役所の担当におつなぎしたり、お問い合わせ先をご案内いたします。

いろいろなお問い合わせ

お問い合わせ総合案内窓口として、複数のお問い合わせにもオペレーターができる限りお調べしてご案内することにより、「電話のたらい回し」を減らします。

例えば、「○○のごみの分別は?」、「今日のイベントの会場はどこ?」、「住民票の郵送請求の方法は?」といったお問い合わせを1回の電話で済ませることができます。

いつでもお問い合わせ

年中無休で午前8時から午後8時まで運営しておりますので、夜間や土日・祝日・年末年始など、市役所が開いていないときにもお問い合わせができます。

コールセンターの運営により、花火大会やお祭りなど、休日に開催する屋外イベントについても、「今日は雨が降っているけど開催している?」といったお問い合わせができるようになりました。(ご案内できないイベントもあります。)

また、各種講座や教室などの申し込みも、年中無休で電話やFAXで簡単にお申し込みができるようになりました。(コールセンターでは受付を行っていない講座・教室等もあります。)

お気軽にお問い合わせ

市民の皆さまからお気軽にご利用いただけるよう、電話応対の専門的な教育や訓練を受けたオペレーターがご案内いたします。

また、英会話に精通したオペレーターが外国人の方のお問い合わせにも対応します。

委託による効率的な運営

コールセンターの運営は、オペレーター等が使用する電話機器類をはじめ電話交換機(PBX)などの様々な設備やシステムが必要となりますが、市がこうした設備のすべてを用意して、市の職員が電話の受け付け業務を行った場合には多額の費用がかかります。

運営設備の構築やオペレーター等の人材の確保など、コールセンターの運営に必要な一切の業務を一体として、こうした設備や電話受付業務のノウハウを有する民間企業に委託することにより、効率的で安定的なサービスの提供ができます。

また、比較的簡易なお問い合わせをコールセンターで受け付けることにより、市役所の各担当部署の電話の混雑が減って電話がつながりやすくなる効果も期待できます。

 

皆さまのご利用をお待ちしております。

「横須賀市コールセンター」
電話:046-822-2500
FAX:046-822-2539
年中無休 午前8時~午後8時
※おかけ間違いにご注意ください

 

お問い合わせ

政策推進部広報課

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 広報課」で届きます>

電話番号:046-822-8111

ファクス:046-822-4711

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?