ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 歴史・文化紹介 > 三浦一族研究 > 三浦一族研究会活動日誌

更新日:2016年8月22日

ここから本文です。

三浦一族研究会活動日誌

平成27年度の活動記録

三浦一族研究会総会・ミニ・シンポジウム
26年度事業および決算報告、27年度事業計画案および予算案の採択につづき、ミニ・シンポジウム「三浦一族研究の最前線」を実施いたしました。
【日時】平成27年5月30日(土曜日)午後1時30分~4時
【場所】ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場小劇場)
【基調報告】真鍋淳哉氏(青山学院大学非常勤講師)
【討論】高橋秀樹氏(日本中世史研究者)
真鍋淳哉氏(青山学院大学非常勤講師)
(コーディネーター)
伊藤一美氏(三浦一族研究会会長)
【参加者】205名

三浦一族学習講座(全2回)
鎌倉幕府の創設にも深くかかわり、歴史を動かしてきた三浦一族。毎年テーマを設けて、三浦一族に関する知識を深めていきます。
【演題】中世の横須賀郷
【日時】第1回:平成28年2月20日(土曜日)午後2時~午後3時30分
第2回:平成28年2月27日(土曜日)午後2時~午後3時30分
【場所】ヴェルクよこすかホール
【講師】真鍋淳哉氏(青山学院大学非常勤講師)
【参加者】112名


三浦一族基礎講座(全5回)
日本中世の歴史を三浦一族と関連付けながら学ぶ毎年恒例の連続講座です。今年度は「史料で読む三浦一族の姿」と題し、以下のとおり5回の講座を開催しました。
【日時】平成27年8月9日(日曜日)「『天養記』から読む国衙・荘園・三浦一族」、23日(日曜日)「『愚管抄』と『吾妻鏡』から読む源実朝暗殺事件」、30日(日曜日)「紙背文書から読む上総国の三浦一族」、9月13日(日曜日)「公家日記から読む三浦義村」、27日(日曜日)「荘園絵図から読む越後国奥山荘」
時間はいずれも午後2時~午後3時30分
【場所】ヴェルクよこすか第1会議室
【講師】高橋秀樹氏(日本中世史研究者)
【参加者】51名

横須賀市・会津若松市友好都市10周年記念講演会「陸奥会津葦名氏の興亡」
横須賀文化協会と共催で、今年度は陸奥会津に拠点を置いた葦名氏にスポットを当てた講演会を開催しました。
【日時】平成27年12月12日(土曜日)午後2時~午後4時
【発表】横須賀観世流謡曲連盟(横須賀文化協会加盟)
【講演】高橋充氏(福島県立博物館専門学芸員)
【ロビーフラワーディスプレイ】横須賀華道協会(横須賀文化協会加盟)
【参加者】282名

史跡めぐり(全3回)
三浦一族ゆかりの名所旧跡を訪ねる人気の史跡めぐり、今回は市内1地域と、鎌倉、三浦に足をのばしました。
第1回「秋の永福寺を訪ねて」
【日にち】平成27年11月25日(水曜日)
【コース】安達氏館址~寿福寺~浄光明寺~永福寺址~法華堂址
【講師】玉林美男氏(鎌倉市教育委員会)
【参加費】1,000円
【参加者】40名
第2回「~神奈川県立歴史博物館見学ツアー~県立博物館の資料から見る中世
【日にち】平成28年1月26日(火曜日)
【内容】常設展示(中世)・博物館所蔵資料・神奈川の遺跡展見学
【講師】古川元也氏(神奈川県立歴史博物館学芸員)
【参加費】500円
【参加者】36名
第3回「三浦西海岸の歴史と新井城址を見る」
【日にち】平成28年3月15日(火曜日)
【コース】諏訪神社~散コロ石~霊川寺~宝徳寺~三戸友澄墓所~白髭神社~新井城址~三浦道寸・荒次郎墓所
【講師】田中健介氏(三浦一族研究会幹事)
【参加費】1,000円
【参加者】35名

吾妻鏡を読む会(月2回)
平成8年の研究会発足から続いている学習講座です。「新訂増補国史体系吾妻鏡」をテキストとしています。講師がテキスト(原文)を読む→講師作成の「訓み下し文」を読む→条文を解説するという内容です。用語の解説はもとより、当時のエピソード等を交えて広く、やさしく講義します。
*入会は随時受付中です。事務局にお問合わせください。

 

 

 

お問い合わせ

政策推進部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-822-9285

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?