ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > よこすかの文学碑 > 正岡子規句碑

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

正岡子規句碑

碑文

横須賀や 只帆檣の 冬木立

  明治21年(1888)8月、正岡子規は夏期休暇を利用して、友人とともに汽船で浦賀に着き、横須賀・鎌倉で遊びました。碑の句は、横須賀港内に連なるはんしょう帆檣(ほばしら)の印象を詠んだもので、句集『寒山落木』に収録されています。
  正岡子規は、慶応3年(1867)9月に伊予国温泉郡(現・愛媛県松山市)で生まれ、本名は常規(つねのり)。松山中学校時代は政治家志望でしたが、上京後は文学に転じ、文科大学国文科(現・東京大学)に進みました。彼は、写実(写生)を主張して、空想を排する俳句の革新を行いました。その考えを新聞「日本」紙上に、『獺祭書屋(だっさいしょおく)俳話』(明治25年)、『俳諧大要』(同28年)として表しました。また、句作は生涯に2万句を数え、特に明治25年(1892)から同31年(1898)までは毎年千句以上を創作しました。同30年(1897)には「ホトトギス」が創刊され以来子規派の雑誌として注目されました。一方、同年には、『歌よみに与ふる書』を「日本」に掲載し、短歌の革新にも着手しました。これは、俳句で主張した写生を短歌の上にも及ぼしたものでした。
  正岡子規は、同35年(1902)9月に逝去(享年35歳)しましたが、彼の主張は、俳句では、高浜虚子、河東碧梧桐らが継承し、短歌では、斉藤茂吉、島木赤彦らの「アララギ」派に受け継がれていきました。また、彼の提唱した写生文は、夏目漱石、伊藤左千夫ら後続の文学者に影響を与えました。

交通:JR横須賀駅から徒歩7分、または京急汐入駅から徒歩5分
正岡子規

お問い合わせ

政策推進部文化振興課

横須賀市小川町11番地 本館3号館4階<郵便物:「〒238-8550 文化振興課」で届きます>

電話番号:046-822-8116

ファクス:046-822-9285

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?