ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2015年11月) > 旧軍港四市・近代化遺産フォーラムの開催について(2015年11月18日)

更新日:2015年11月18日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

旧軍港四市・近代化遺産フォーラムの開催について(2015年11月18日)

明治期に海軍鎮守府が置かれた旧軍港四市(横須賀・呉・佐世保・舞鶴)は、各市が持つ近代化遺産の保全・活用、各市を繋ぐルートの構築、共同PRなどの取組みを推進し、日本遺産の認定を目指しています。

このたび、四市により組織する旧軍港市振興協議会主催で、各市の近代化遺産の魅力を語るフォーラムを、下記のとおり開催しますのでお知らせします。

1.日時

平成27年11月26日(木曜日)11時~12時30分(受付10時30分)

2.場所

東海大学校友会館「三保の間・霞の間」

(東京都千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル35階)

3.プログラム

11時00分~11時30分

基調講演(講師:文化庁文化財部長村田善則氏)

11時30分~11時50分

旧軍港四市の近代化遺産、HPの紹介

11時50分~12時30分

シンポジウム「旧軍港四市の近代化遺産の魅力について」

パネリスト

横須賀市長吉田雄人

呉市長小村和年

佐世保市長朝長則男

舞鶴市長多々見良三

コーディネーター

(公益社団法人)日本観光振興協会総合研究所長(多摩大学大学院・東洋大学大学院客員教授)丁野朗氏

取材ご希望の方は、基地対策課までご連絡ください。

(一般の方は、別紙のFAX返信用紙(PDF:86KB)にて11月24日(火曜日)までに申込みが必要です。)

日本遺産

文化庁所管の事業で、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(JapanHeritage)」として認定し、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組みを国が支援。東京オリンピックが開催される2020年までに100件程度が認定される予定で、第1回目である平成27年度は全国で18件が認定されている。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策推進部基地対策課

横須賀市小川町11番地 本館2号館5階<郵便物:「〒238-8550 基地対策課」で届きます>

電話番号:046-822-8140

ファクス:046-827-8878

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?