ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の概要 > 人口・統計 > 保健・衛生

更新日:2017年4月21日

ここから本文です。

保健・衛生

出生・死亡

わが国の出生率は近年低下傾向を示していますが、本市の場合も同様の傾向が見受けられます。
人口動態調査によると、平成27年の本市の出生数は、前年と比較すると26人増加し、出生率は6.5で前年と比較すると0.1ポイント上昇しました。
死亡率は戦後低下傾向を示していましたが、近年は人口の高齢化を反映し上昇傾向にあります。
死亡数は前年と比較すると48人減少し、死亡率は11.2で前年と比較すると0.1ポイント減少しました。

婚姻・離婚

平成27年の婚姻件数は前年と比較すると164件減少し、婚姻率は4.3で0.4ポイント減少しました。
離婚件数は前年と比較すると53件減少し、離婚率は1.8で0.1ポイント減少しました。

死因別死亡

平成27年の死亡数を死因別にみると「悪性新生物(がん)」による死亡が最も多く、総数の29.0%を占めています。
以下、「心疾患」同13.7%、「老衰」同9.0%、「肺炎」同8.3%と続いています。

医療施設

平成27年3月31日現在の医療施設数は、前年に比べ3施設増加しました。

病院

平成27年3月31日現在の許可病床数のうち最も多いのは一般病床で総数の73.5%であり、次いで療養病床同15.1%、精神病床同11.2%と続きます。

予防接種

平成27年度中、感染症予防のために実施した予防接種は、次のとおりです。

 

 

お問い合わせ

総務部総務課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階(総務・庁舎管理係、統計係)<郵便物:「〒238-8550 総務部総務課」で届きます>

電話番号:046-822-9704

ファクス:046-822-7795

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?