ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 市の概要 > 人口・統計 > 基地

更新日:2016年12月21日

ここから本文です。

基地

基地の現況

現在、市内に所在する日米安全保障条約に基づく米軍施設は、3施設(4カ所)で総面積が約3.37km2(水域を除く)あり、市域(100.83km2)の約3.3%を占めます。

原子力艦船の寄港

横須賀は、佐世保(長崎県)、ホワイトビーチ(沖縄県)とともに米原子力艦船の寄港地になっています。

米軍施設の従業者

米軍施設の従業者雇用は、日米地位協定に基づき、日本政府が雇用主で給与等を負担し、在日米軍が使用主になります。
従業者は、基本労務契約(MLC-Master_Labor_Contract-)と諸機関労務協約(IHA-Indirect_Hire_Agreement-)に分かれます。

旧軍用財産の転用について

旧軍港市を平和産業港湾都市に転換する目的で、昭和25年6月に「旧軍港市転換法」(軍転法)が制定されました。


 

お問い合わせ

総務部総務課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階(総務・庁舎管理係、統計係)<郵便物:「〒238-8550 総務部総務課」で届きます>

電話番号:046-822-9704

ファクス:046-822-7795

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?