ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化事業 > 市史編さん事業《市史のトップ》

更新日:2017年8月24日

ここから本文です。

市史編さん事業《市史のトップ》

市史のトップ 編さん事業について 市史の刊行物 購入方法

 

市史資料室の設置 資料提供のお願い 資料の閲覧と利用について 最新情報

市史資料室の設置 

平成19年(2007年)2月15日の市制施行100周年を記念した『新横須賀市史』全15巻の刊行は、平成26年度で完了しましたが、平成11年度から始まった市史編さん事業で収集した歴史資料の保存と公開、将来に向けた資料の収集と研究を目的に、平成29年4月1日に市史資料室を開設しました。これに伴い市史編さん事業の事務局であった総務部総務課市史編さん係は廃止しました。

市史資料室は、総務部総務課の分室として横須賀市立中央図書館内に所在します。

 

資料提供のお願い 

ご自宅に古い資料(古文書・日記・日誌・台帳・写真・絵葉書など)がありましたら、ご連絡ください。専門の調査員が伺います。資料はお預かりし、市史資料室で分類・整理、複写した後、ご返却します。

古文書等はかけがえのない財産です。取り扱いに注意して保存してください。なお、やむを得ず資料を手放される場合は、大変恐れ入りますが、市史資料室までご一報ください。

今後も資料の活用に努めていきますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

資料の閲覧と利用について 

資料の閲覧

市史編さん事業で収集した資料の閲覧について、現在、準備を進めています。

資料の利用

出版物への掲載、放送・放映、展示会への出陳等、資料の利用について、ご相談を受け付けています。なお、資料の利用にあたっては、「市史資料利用申請書」が必要です。

資料の利用にあたっての条件等
  1. 資料は申請した目的以外には使用しないこと。
  2. 申請した目的以外に使用する場合は、改めて申し込むこと。
  3. 原所蔵者がある場合は、承諾書の写しを添付すること。
  4. 資料の使用によって著作権・肖像権上の問題が生じた場合は、申請者が一切の責任を負うこと。
  5. 貸し出した資料を汚損または滅失・破損した場合は、代替品またはこれに相当する代価を弁償すること。ただし、当該汚損または滅失・破損が、天災その他不可抗力によると認められた場合は、この限りではない。
  6. 刊行物等への掲載、放送・放映に使用する場合は、「横須賀市市史資料室提供」である旨を明示すること。
  7. 刊行物等の成果物は、市史資料室に1部寄付すること。
  8. その他、市史資料室が提示する諸条件、利用する資料の形式に応じた取扱上の指示事項等を厳守すること。

 

最新情報 

日本遺産認定記念「記念艦三笠パネル展」~廃艦から記念艦へー戦後「三笠」のあゆみ~を開催しました
  • 開催日:2017年8月3日から8月20日まで
  • 場所:横須賀市中央図書館1階ホール
  • 主催:横須賀集客促進実行委員会
  • 協力:(公財)三笠保存会・横須賀市立中央図書館・横須賀市市史資料室

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課 担当:市史資料室

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階(総務・庁舎管理係、統計係)<郵便物:「〒238-8550 総務部総務課」で届きます>

電話番号:046-822-2077

〒238-0017
横須賀市上町1-61 横須賀市立中央図書館内 市史資料室

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?