ホーム > よくある質問 > 横須賀市紹介 > 条例・施策・計画 > 中核市について

更新日:2017年12月5日

ここから本文です。

中核市について

質問カードNO:2182

質問

中核市について

回答

「中核市」は、規模や能力によって市を区分しようとする制度の一つで、指定都市(県内では横浜市・川崎市・相模原市)に次ぐ都市制度です。人口が比較的多く地域で中核的な役割を果たしている市には、どんどん県から事務権限を移し、できるだけ市民に身近な「市役所」で用事が済むようにすることで市民の利便性を高め、あわせ一層の地方分権の推進を図ろうというのが制度のねらいです。横須賀市は、平成13年4月に全国で28番目の中核市となりました。平成27年4月から、中核市に指定されるために必要な人口要件が、30万人以上から20万人以上に引き下げられました。
平成29年4月現在、中核市は全国で48市です。

お問い合わせ

総務部行政管理課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階・本館2号館1階(市政情報コーナー)<郵便物:「〒238-8550 行政管理課」で届きます>

電話番号:046-822-9474

ファクス:046-822-7795

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?