ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2018年10月) > 平成30年7月豪雨による被災地に職員を中期派遣します(2018年10月12日)

更新日:2018年10月12日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

平成30年7月豪雨による被災地に職員を中期派遣します(2018年10月12日)

平成30年7月豪雨により大きな被害を受けた自治体への人的支援については、応急的な課題への対応のため、様々な枠組みにより支援が行われ、横須賀市においても、被災者の健康相談や健康チェックを行う保健師を広島県呉市へ、避難所支援等を行う職員を岡山県倉敷市へ派遣してきました。

このたび、被災市町村から全国市長会を通じて中長期の応援職員の派遣要請があったため、本市土木部道路補修課職員1名(土木技術職員)を広島県呉市へ約半年間に渡って派遣します。

 

  • 派遣先
    広島県呉市土木部土木維持課
  • 派遣期間
    平成30年10月15日(月曜日)から平成31年3月31日(日曜日)まで
  • 派遣人数
    1名
  • 勤務内容
    農地・農業用施設の災害復旧・復興業務

 

お問い合わせ

総務部人事課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 人事課」で届きます>

電話番号:046-822-8174

ファクス:046-822-7795

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?