ホーム > 市政情報 > 入札・契約・検査 > 市有地を売却します > 平成29年度第2回市有財産売却一般競争入札【郵便型入札】

更新日:2017年9月5日

ここから本文です。

 平成29年度第2回市有財産売却一般競争入札【郵便型入札】

[平成29年度第2回市有財産売却一般競争入札【郵便型入札】入札説明書](PDF:1,669KB)

 1.入札物件

平成29年度第2回市有財産売却一般競争入札【郵便型入札】物件

物件 番号

土地の所在・地番[用途地域]

地目

実測地積
(m²)

最低売却価格(円) 入札保証
金額(円)【定額】
備考
29-2

横須賀市佐原三丁目1195番16,18

[第1種住居地域]

宅地

公衆用道路 

139.32

(私道29.37を含む)

8,970,000

200,000

 

物件調書(PDF:894KB)
写真

 

 

  • 物件の詳細については、物件調書をご覧ください。なお、物件調書は、入札参加者が物件の概要を把握するための参考資料ですので、事前に必ず入札参加者ご自身において、現地及び諸規制について調査確認を行ってください。
  • 予告なく入札中止、内容変更をすることがあります。

 2.入札参加資格

入札には個人、法人を問わず参加できますが、次に該当する者は参加できません。

  1. 地方自治法施行令第167条の4第1項第1号(当該入札に係る契約を締結する能力を有しない者)及び第2号(破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者)に該当する者
  2. 横須賀市暴力団排除条例(平成24年横須賀市条例第6号)第2条第2号から第5号までのいずれかに該当する者
    【注】入札参加資格の確認を行うため、本市が警察等関係機関に対して照会を行うことについて、その旨御了承下さい。(申込者が法人の場合、役員等を含みます。)

 

3.入札参加申込み

この入札に参加するには、事前に申込みが必要です。受付期間内に受付場所に必要書類を直接持参してください。【来庁日時について、あらかじめ電話連絡を入れて予約してください。】
申込み手続きを行わないと入札に参加することができません。
郵送、電話、ファクシミリ、電子メール等による申込みはできません。

申込受付期間

平成29年10月16日(月曜日)~平成29年10月20日(金曜日)
午前9時~午後5時まで(正午~午後1時を除く)

申込受付場所

横須賀市役所1号館5階6番窓口 財政部資産経営課
(横須賀市小川町11番地)
電話046-822-8356(直通)

【注】上記番号へ電話していただき、予約を入れてからご来庁ください。

 

4.入札参加申込みに必要な書類等

(1)提出書類等

入札説明書に添付または当ウェブサイトからダウンロードした「市有財産売却一般競争入札参加申込書兼誓約書」([PDF版(PDF:70KB)]、[Word版(ワード:40KB)])に必要事項を記入・押印(登録印)のうえ、次の書類を各1通を添えてお申込みください。提出書類に不備がある場合は受け付けできませんのでご注意ください。なお、提出書類はお返しいたしません。
【注】添付書類は、発行日から3か月以内のもの。

個人による申込みの場合

  • 印鑑登録証明書
  • 住民票(本籍、個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)

法人による申込みの場合

  • 印鑑証明書
  • 登記事項証明書(現在事項証明書)
  • 役員名簿(入札説明書に添付のものまたは当ウェブサイトからダウンロードしたものを使用してください。)
    PDF版(PDF:48KB)]、[Word版(ワード:66KB)

(2)所有権を共有としたい場合

所有権の共有を希望される場合は、必ず共有予定者全員分の申込書および添付書類を取りまとめて、同時にお申し込みください。この場合、入札の手続きは代表者が行ってください。

【注】共有と単有を二重で申し込むことはできません。

(3)代理人により入札書を提出する場合

代理人により入札書を提出する場合は、委任状を併せて提出してください。委任状は、資産経営課へご請求ください。

【注】横須賀市暴力団排除条例(平成24年横須賀市条例第6号)第2条第2号から第5号までのいずれかに該当する者は代理人になることができません。
【注】代理人資格の確認を行うため、本市が警察等関係機関に対して照会を行うことについて、その旨ご了承下さい。(代理人が法人の場合、役員等を含みます。)

 

5.入札必要書類の交付

入札参加申込受付後に、本市より入札に必要な次の書類等を交付します。
交付は、原則として参加申込受付日当日に行いますが、後日郵送により行う場合もあります。

  1. 入札参加申込受付書(入札参加申込書の写に本市が受領印を押印したもの)
  2. 入札書
  3. 入札保証金提出書(兼返還請求書)
  4. 入札保証金納付用の納入通知書
  5. 入札書提出用封筒
  6. 入札関係書類送付用封筒

6.入札保証金

入札に参加するには、事前に入札保証金を納めていただくことが必要です。

(1)入札保証金額

入札保証金は、200,000円となります。

(2)納付方法

入札参加申込受付後に本市が交付する納入通知書により、横須賀市公金取扱機関で納付してください。

【注】落札者が納付した入札保証金は、全額を売買代金または契約保証金に充当します。ただし、落札者が落札物件の売買契約を締結しないときは、入札保証金は本市に帰属し、返還はいたしません。
【注】落札者以外の方の入札保証金は、入札保証金提出書(兼返還請求書)に記載された金融機関の口座へ振込により返還します。入札保証金に利息は付きません。なお、返還には開札後4週間程度を要しますので、ご了承ください。

 

 7.物件の現地確認

現地見学会は開催いたしませんので、必ず事前にご自分で現地をご確認ください。希望される方には、測量図等の設計図等の参考資料をお渡ししますので、お問合せください。
なお、現地確認する際は、近隣住民の方の迷惑にならないよう、ご配慮をお願いします。駐車場はありませんので、公共交通機関のご利用をお願いします。
【注】敷地内で起きた事故等について、本市は一切責任を負いません。
【注】現地確認をされなくても入札には参加できますが、この入札に関する全ての事項を了知されて参加されているものとみなします。

 

8.入札方法

本入札は郵便型入札であり、入札は郵送のみ受付けます。

(1)入札期間

平成29年10月21日(土曜日)から平成29年10月26日(木曜日)まで【必着】

【注】入札書等の必要書類を必ず書留または簡易書留により横須賀郵便局留で郵送してください。【本市への持参不可】
【注】この期間内に入札書等の必要書類が到達しない場合、入札は無効となりますので、余裕を持って郵送してください。

(2)提出書類

  1. 入札書(入札書提出用封筒に入れ、封をしたもの)
  2. 入札保証金提出書(兼返還請求書)
    【注】裏面に入札保証金納付済を証する「領収書」(金融機関の領収印があるもの)のコピーを原本の大きさに切り取り、貼付してください。

【注】1.2.とも、書式及び封筒は入札参加申込受付後に横須賀市が交付したものを使用してください。

(3)送付先

238-8799
横須賀郵便局留
横須賀市役所財政部資産経営課行

【注】一度郵送(提出)した入札書の引換え、変更、取消しはできません。

<提出書類の作成要領>

1.入札書

入札金額及び必要事項を記入してください。

【注】入札者本人が入札を行う場合は、入札者欄に入札者本人の住所・氏名(法人の場合は法人の所在・法人名及び代表者名)を記入し、印鑑登録印で押印してください。また、共有希望で入札を行う場合は、入札参加申込時に定めた代表者の住所・氏名(法人の場合は前記同様)を記入し、印鑑登録印で押印してください。
【注】代理人の方が入札を行う場合は、入札者欄及び代理人欄に記入の上、代理人欄に代理人の印を押印してください。(入札者欄に入札者本人の印を押印する必要はありません。)代理人の印は、入札参加申込時に提出した委任状の「代理人使用印」を使用してください。
【注】金額記入には、アラビア数字(0、1、2、3・・)の字体を使用し、最初の数字の前に必ず「\」を記入してください。
【注】ボールペン等(書いた文字が消えないもの)で記入してください。

2.入札保証金提出書(兼返還請求書)

入札保証金提出書(兼返還請求書)に必要事項を記入し、登録印を押印してください。
入札保証金返還用口座は、必ず入札者本人名義の金融機関口座を記入してください。共有希望で申込みをした場合は、代表者の口座を記入してください。
入札保証金返還用口座は、通帳等を確認し正確に記入してください。記入に誤りがあった場合は、返還に日数を要することとなります。
裏面に、入札保証金納付済を証する「領収書」(金融機関の領収印があるもの)をコピーしたものを原本の大きさに切り取り、貼り付けてください。

3.入札書提出用封筒及び入札関係書類送付用封筒

入札書提出用封筒には入札書のみを入れて封かんし、封印をしてください。 糊付けによる封かんがされていないものは無効です。
封印には、入札書に押印したものと同じ登録印(代理人の場合は、「代理人使用印」)を使用し、封筒の継ぎ目3か所に押印してください。封印の無いものは無効です。
入札関係書類送付用封筒には、入札書を入れた入札書提出用封筒及び入札保証金提出書(兼返還請求書)を入れて、必ず書留または簡易書留で上記送付先まで郵送してください。

 

9.開札

(1)日時

平成29年10月27日(金曜日)午前10時から

(2)場所

横須賀市役所3号館3階301会議室(横須賀市小川町11番地)

(3)開札の立会等

入札者等関係者は、各(社)3名まで開札に立会うことができます。(立会は任意)
なお、開札会場への入場には、入札参加申込受付書(原本)が必要となりますので、必ずご持参ください。
立会の受付は、当日の午前9時45分から行います。

【注】入札者等関係者の立会が全くない場合は、本市の指定した者を立会させて開札します。この場合、異議の申立てはできません。

(4)落札者の決定方法

  1. 有効な入札を行った者のうち、入札書に記入された金額が、横須賀市が定めた最低売却価格以上で、かつ最高の価格をもって入札した者を落札者とします。
  2. 落札者となるべき同価の入札をした者が2者以上あるときは、直ちに当該入札者にくじを引かせて落札者を決定します。くじは、関係者が入札参加申込受付書(原本)を持参した場合は、当該関係者も引くことができるものとします。
    なお、開札に立会っていない者等くじを引かない者があるときは、これに代えて当該入札事務に関係のない本市職員にくじを引かせて落札者を決定します。

(5)開札結果

開札結果については、入札者全員の内容[入札金額、入札者名(個人の場合は、氏名を非公開とします。)]を発表します。また同内容を資産経営課ウェブサイト上で公表します。あらかじめ、お含みおきください。

 

10.入札の無効

次の各号に該当する入札は無効とします。

  1. 入札に参加する資格がない者(参加申込みを行っていない者を含む。また、代理人に代理人資格がない場合を含む。)の入札
  2. 委任状が提出されていない場合の代理人による入札
  3. 所定の額の入札保証金を納付していない入札
  4. 本市から交付された入札書(コピー可)以外の入札書による入札
  5. 入札書の記載事項が不明な入札または入札書に記名もしくは押印のない入札
  6. 入札保証金提出書(兼返還請求書)(裏面に入札保証金納付済を証する「領収書」を貼付したもの)の提出がない物件への入札
  7. 一人で2通以上(代理の場合も含む。)の入札書を提出した入札
  8. 入札金額を訂正した入札(訂正印の押印があっても無効となります。)
  9. ボールペン等(書いた文字が消えないもの)以外で入札書に記載事項を記入した入札
  10. 最低売却価格を下回る金額による入札
  11. 封かんがなされていないまたは所定の箇所に押印がされていない入札書提出用封筒によりなされた入札
  12. 期限までに入札書が指定場所に到着しなかった入札
  13. 書留または簡易書留により横須賀郵便局留で郵送しなかった入札
  14. 公正な競争の執行を妨げた者または公正な価格を害しもしくは不正の利益を得るために連合した者の入札
  15. その他入札に関する条件に違反した入札

 

 11.契約の締結

落札者は、平成29年11月10日(金曜日)午後4時までに次の市有財産売買契約書(案)により契約を締結しなければなりません。

【注】落札者が期限までに契約を締結しない場合は、落札はその効力を失い、落札者が納付した入札保証金は本市に帰属することになります。
【注】落札者においていかなる理由があっても、この期限の延長等はできません。

市有財産売買契約書(案)

 

12.契約保証金及び売買代金の支払方法

売買代金の支払方法は、次の2通りの方法があります。いずれの方法によるかは、落札決定後速やかにお申し出ください。

  • 売買契約締結と同時に売買代金全額を納付する方法[契約時全額払]
    【注】入札保証金を売買代金に充当しますので、契約日には売買代金との差額をご用意ください。なお、入札保証金は、その受入期間について利息を付しません。
  • 売買契約締結と同時に売買代金(落札額)の100分の10に相当する金額の契約保証金(円未満切り上げ)を納付し、売買代金と契約保証金との差額を平成29年12月8日(金曜日)までに納付する方法[契約保証金払]
    【注】入札保証金を契約保証金に充当しますので、契約締結日には契約保証金との差額をご用意ください。
    【注】納付期限までに売買代金の支払いが行われなかった場合、契約保証金は、市に帰属することになります。
    【注】入札保証金及び契約保証金は、その受入期間について利息を付しません。
    【注】売買代金の分割納付はできません。

 

 13.所有権の移転等

売買代金が完納されたときに所有権は移転し、同時に現状有姿(あるがままのすがた)で物件引渡しがあったものとします。
所有権移転登記の手続きは、売買代金完納後、本市が行います。所有権移転登記が完了次第、落札者に登記識別情報通知をお渡しします。
なお、売買契約書(本市保管のもの1部)に貼付する収入印紙及び所有権移転登記に必要な登録免許税等、本契約の締結及び履行に関して必要な一切の費用は、落札者の負担となります。

【注】金融機関からの借入金担保のために、所有権移転登記時に連件で抵当権設定登記の同時申請をされる場合は、事前にご相談ください。
【注】共有名義で売買契約を締結した物件については、当該共有名義で所有権移転登記を行います。
【注】落札者は、落札物件の所有権移転登記前に、当該物件に係る一切の権利義務を第三者に譲渡することはできません。
【注】物件の取得に伴い、不動産取得税(県税)が課税されますので、ご留意ください。

 

14.その他

  1. 物件の引渡しは現状有姿のままで行いますので、必ずご自身において、事前に現地及び諸規制について調査確認を行ってください。物件調書等の資料と現況が相違する場合、現況優先とします。
  2. 売買物件の土地利用に関し、隣接土地所有者、地域住民等との調整等が生じた場合は、すべて落札者において行っていただきます。
  3. 越境物等に関する隣接土地所有者等との協議は、すべて落札者において行っていただきます。
  4. この説明書に定めのない事項については、本市契約規則その他関係法令の定めるところによります。
  5. 入札の公正性、競争性を確保するため、入札参加状況等の問合せについては、一切お答えできません。
  6. 本入札は、予告なく入札中止または内容変更をする場合があります。

 

15.落札者がなかった場合の随意契約による売却

落札者がなかった場合は、先着順に申込みを受け付け、本入札で公表した最低売却価格および条件等で、随意契約をもって売却します。

(1)申込者に必要な資格

申込者に必要な資格は、入札参加資格と同様です。内容については、「2入札参加資格」を参照してください。

【注】資格の確認を行うため、本市が警察等関係機関に対して照会を行うことについて、その旨ご了承下さい。(申込者が法人の場合、役員等を含みます。)

(2)申込手続き

書類提出方法

購入希望者は、受付期間中の受付時間内に必要書類を受付場所まで直接持参してください。電話、郵送などでの申込みはできません。

受付期間

平成29年11月1日(水曜日)~平成30年2月28日(水曜日)(土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日及び12月29日から1月3日までの日を除く)
午前9時~午後5時(正午~午後1時を除く)

受付場所

横須賀市役所1号館5階6番窓口 財政部資産経営課(横須賀市小川町11番地)
電話046-822-8356(直通)

申込みに必要な書類(各1通)

個人による申込みの場合
  • 普通財産譲渡申請書
  • 誓約書
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票(個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)
法人による申込みの場合
  • 普通財産譲渡申請書
  • 誓約書
  • 役員名簿
  • 印鑑証明書
  • 登記事項証明書(現在事項証明書)

【注】普通財産譲渡申請書・誓約書・役員名簿の各様式は、本市ウェブサイトからダウンロードできます。また、資産経営課でも配布しています。
【注】所有権の共有を希望される場合は、共有者全員の添付書類を添えて、必ず共有名義でお申込みください。
【注】提出書類に不備がある場合は、受付できませんのでご注意ください。
【注】提出書類は、お返しいたしません。
【注】各証明書は、発行日から3か月以内のものを添付してください。

(3)同日同時刻の申込みについて

各日の受付開始時点(午前・午後とも)または同日同時刻において複数の申込希望者がいる場合は同着とみなし、くじにより申込者を決定します。

(4)契約の締結

申込受付後、1から2週間程度で売却決定通知を発送します。申込者は、売却決定の通知を受けた日から当該通知に記載する期限までに売買契約を締結しなければなりません。期限までに契約を締結しない場合は、買受けの権利を失います。

(5)契約保証金及び売買代金の支払方法

売買代金の支払方法については、入札同様、次の2通りから選択できますので、申込みの際にお申し出ください。

  1. 売買契約締結と同時に売買代金全額を納付する方法[契約時全額払]
  2. 売買契約締結と同時に売買代金の100分の10に相当する金額の契約保証金を納付し、売買代金と契約保証金との差額を契約締結日から1か月以内に納付する方法[契約保証金払]
    【注】納付期限までに売買代金の支払いが行われなかった場合、契約保証金は、市に帰属することになります。
    【注】契約保証金は、その受入期間について利息を付しません。
    【注】売買代金の分割納付はできません。

(6)所有権の移転等

入札の場合と同様です。内容については、「13所有権の移転等」を参照してください。

(7)物件の現地確認

入札の場合と同様です。内容については、「7物件の現地確認」を参照してください。

 

17 ダウンロードコーナー

 

[ページの先頭]に戻る
[市有地を売却します]に戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政部資産経営課

横須賀市小川町11番地 本館1号館5階<郵便物:「〒238-8550 資産経営課」で届きます>

電話番号:046-822-8356

ファクス:046-822-7795

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?