ホーム > くらし・環境 > 税金 > 納税 > 市税の納め方

更新日:2017年3月17日

ここから本文です。

市税の納め方

市税の納め方には、納税義務者へ納税通知書をお送りし、納付していただく「普通徴収」の方法と、給与や公的年金の支払者が、給与や公的年金から徴収した市民税・県民税を納入する「特別徴収」の方法の2通りがあります。
ここでは、「普通徴収」の方法で納める場合について、詳述いたします。

納税通知書(納付書)で納める場合

以下の金融機関などで納めてください
(原則として、料金は掛かりません。下記以外をご利用になりますと、料金が掛かる場合があります)

納めるところ
銀行
(本・支店)
横浜銀行、スルガ銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、
神奈川銀行、三井住友信託銀行
ゆうちょ銀行
(郵便局)

神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県内のゆうちょ銀行(郵便局)
(注)納期限を過ぎると、横須賀市外のゆうちょ銀行(郵便局)では納付できないこともあります。

(上記以外のゆうちょ銀行(郵便局)で納める場合)
ゆうちょ銀行(郵便局)そなえつけの払込取扱票により、次の口座番号、加入者名、
必要事項をご記入の上、振替にて納めてください。
(料金が掛かります)
口座番号00120-8-32400番
加入者名横須賀市会計管理者
必要事項(通信欄に記入)税目・年度・通知番号・期別・納税義務者名(払込者が異なる場合)

信用金庫・労働金庫
(本・支店)
湘南信用金庫、かながわ信用金庫、中央労働金庫
信用組合・協同組合
(本・支店)
横浜幸銀信用組合、ハナ信用組合、よこすか葉山農業協同組合
横須賀市役所 本庁(会計課)、各行政センター、市民サービスセンター(役所屋)

 

〔夜間や土・日曜日、祝・休日の納付について〕
金融機関の営業時間外や市役所の閉庁時間であっても、納付書があれば、市内に3カ所ある「市民サービスセンター(役所屋)」にて納付できます。
また、ゆうちょ銀行(郵便局)によっては、ATM(現金自動預払機)から、そなえつけの払込取扱票を用いて送金することができます(料金が掛かります。事前に、ご利用予定のゆうちょ銀行(郵便局)へ、取り扱いの有無や営業日・営業時間についてご確認ください)。

口座振替(自動払込)で納める場合

金融機関やゆうちょ銀行(郵便局)、市役所窓口等で手続き後、納期限ごとに市税を自動引き落としします。
詳細につきましては、下記関連情報「市税の口座振替(自動払込み)」を併せてご覧ください。

なお、口座振替をご利用いただける市税は、市民税・県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税です。

納税貯蓄組合

市税を納めるために、町内の人や同業の人・職場の人が集まって組合をつくり、お互いに積立てをして納税をする納税貯蓄組合(自主運営)の制度があります。

 

 

お問い合わせ

財政部納税課 担当:収納係(過誤納金の還付、督促状、納税証明)

横須賀市小川町11番地 本館1号館2階<郵便物:「〒238-8550 納税課」で届きます>

電話番号:046-822-8204

ファクス:046-827-8861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?