ホーム > よくある質問 > 税金 > 市民税 > 退職後の住民税(納税方法)

更新日:2015年2月18日

ここから本文です。

退職後の住民税(納税方法)

質問カードNO:4158

質問

会社に勤めているときは毎月給料から住民税が徴収されていましたが、退職して個人あてにきた納税通知書は年4回になっています。

回答

会社で徴収する方法を『特別徴収』といい、市役所からの通知に基づいて、毎月給料から税額を徴収して会社ごとに納めてもらいます。
これに対し、個人で納める方法を『普通徴収』といい、年4回の納期に分けて納めていただきます。

▼特別徴収されていた人が年の途中で退職した場合
特別徴収できなくなった残りの税額は次の場合を除いて普通徴収の方法で納税していただくことになります。

・別の会社に就職して、引き続き特別徴収されることを会社に申し出た場合
・退職した人が、支給される退職手当などから残りの税額を一括して徴収されることを会社に申し出た場合(1月1日から4月30日までの間に退職した者に未徴収税額がある場合は、一括徴収することが会社に義務づけられています。)

お問い合わせ

財政部市民税課 担当:個人市民税

横須賀市小川町11番地 本館1号館2階<郵便物:「〒238-8550 市民税課」で届きます>

電話番号:046-822-8192

ファクス:046-822-7385

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?