ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 災害・防災 > 地域での助け合い(自主防災組織・避難所運営・要援護者支援) > 自主防災訓練の実施

更新日:2017年2月23日

ここから本文です。

自主防災訓練の実施

防災訓練の目的

防災訓練は、地域で起こる自然災害を知り、各種災害に関する基礎的な知識を習得し、様々な訓練を繰り返し実施することにより、災害発生時に迅速かつ、落ち着いて適切な減災行動がとれるように地域の防災力を向上させることを目的としています。

自主防災訓練メニュー

  • 初期対応訓練
    警戒宣言対応訓練、地域災害対策本部設置訓練、情報連絡訓練、まち中防災訓練、要援護者安否確認・誘導訓練
  • 集団避難訓練
    避難誘導訓練、要援護者避難誘導訓練
  • 津波避難訓練
    津波避難訓練
  • 他組織連携訓練
    他組織連携訓練
  • 初期消火訓練
    消火器取扱訓練、バケツリレー訓練、可搬ポンプでの消火訓練、消火栓利用型市民消火隊訓練、屋外私設消火栓訓練
  • 救急救護訓練
    容態観察訓練、三角巾取扱訓練、止血法訓練、心肺蘇生法訓練、骨折固定法訓練、熱傷応急処置訓練、負傷者搬送法訓練、身近なものを使用した応急手当訓練
  • 救出訓練
    ロープ取扱訓練、倒壊建物からの救出訓練、高所からの救出訓練
  • 煙体験訓練
    煙体験訓練、煙模擬体験訓練
  • 防災資機材取扱訓練
    防災収納庫資機材取扱訓練、自主防災器材取扱訓練
  • 給食訓練
    給食訓練
  • 給水訓練
    給水訓練、生活用水確保訓練
  • 避難所運営訓練
    避難所開設訓練、避難所運営宿泊訓練
  • 防災講話
    防災講話
  • 図上訓練
    防災マップ作成訓練(DIG)
  • 防災関係機関啓発訓練
    災害用伝言ダイヤル体験、防災用品展示
  • イベント訓練
    防災○×クイズ、体験型イベント訓練、防災ウォークラリー

自主防災訓練を実施するまでの流れ

  1. 訓練実施日や訓練内容等について、まず所轄消防署(分署、出張所)に相談・調整をする。
  2. 訓練実施日の4週間前(原則)までに、自主防災訓練実施届を所轄消防署(分署、出張所)へ届け出る。(届出時期については、所轄消防署等と調整してください。)
  3. 訓練当日、所轄消防署員の立会い、指導のもと自主防災訓練を実施する。
  4. 訓練会場にて、所轄消防署員から参加人数の確認を受け、訓練報償金の対象訓練を実施した場合は、訓練終了後、概ね10日以内に所轄消防署(分署、出張所)に請求書を提出する。

    ※訓練報償金については自主防災訓練報償金を参照してください。

 

お問い合わせ

市民安全部地域安全課 担当:自主防災係

横須賀市小川町11番地 本館1号館4階<郵便物:「〒238-8550 地域安全課」で届きます>

電話番号:046-822-9620

ファクス:046-827-3151

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?

所轄消防署等(分署・出張所)