ホーム > くらし・環境 > 市民活動・市民協働 > 市民と行政との協働事業 > 市民協働推進補助金

更新日:2018年11月29日

ここから本文です。

市民協働推進補助金

平成31年度市民協働推進補助金の募集が始まりました

募集期間

平成30年10月22日(月曜日)から平成30年12月26日(水曜日)まで

説明会(申込制:市民生活課へお電話ください。電話046-822-9699)

  • 平成30年11月2日(金曜日)14時~15時30分 消防局庁舎3階 第3会議室
  • 平成30年11月5日(月曜日)10時~11時30分 同上

公開プレゼンテーション

平成31年3月4日(月曜日) 横須賀市役所3号館5階 正庁
※スケジュールが決定次第、こちらのホームページ等でお知らせします。

 

 

平成31年度から「市民公益活動団体を対象とした補助金制度」が変わります

平成31年度より市民公益活動団体向け補助制度である「市民協働推進補助金」と「特定非営利活動法人補助金(一般寄付分)」を一本化することとなりました。
そのため、平成31年度から「特定非営利活動法人補助金(一般寄付分)」の募集はありませんので、応募を予定されていた場合は、上記募集期間中に市民協働推進補助金への応募をご検討ください。

目的

市民公益活動の活性化を図り、市民の創意を生かし、個性豊かな地域社会を実現するため、先駆性、機敏性、専門性、地域性、広域連帯性等の特性を有する市民公益活動団体が行おうとし、または、現在行っている市民公益活動に要する経費の一部を補助することが目的です。

応募資格

次のすべての要件に該当する団体が応募できます。

  • 市内で活動する市民公益活動団体
  • 市民公益活動の実施及び運営から実績報告まで責任を持って履行できる団体
  • 構成員が3名以上の団体

対象外となる団体

上記の要件をすべて満たしている場合でも、次の場合は対象外となります。

  • 過去に、「市民協働推進補助金」または「特定非営利活動法人補助金(一般寄付分)」、いずれか(または両方)の交付を、「団体として3回以上」受けている団体

※ただし、制度改正の経過措置として、
平成29年度以前に、団体として3回以上いずれかの補助金の交付を受けている団体でも、
平成30年度に補助金の交付を受けた団体(事業としての交付回数が1回目・2回目の団体)は、
平成30年度と同一の事業であれば3回目まで応募することが可能です

対象事業

主に市民を対象とした公益的な活動のうち、次の要件をみたすものとします。

  1. ボランティアを広く募り、適切に活用したうえで行われるもの
  2. 補助対象経費の20パーセント以上に自己資金を充てることができるもの

前項の規定にかかわらず、次のいずれかに該当するものは、補助の対象としません。

  1. 市から既に他の財政的支援を受けている(または受ける予定の)もの
  2. 事業の主たる効果が市外で生じるもの
  3. 過去に同一の事業について、3回以上当該補助金の交付を受けたもの
  4. その他公序良俗に反する等、補助対象として適当でないと認められるもの

補助額

事業を実施するために要する経費のうち、補助対象経費の20%以上を団体が自己資金で負担し、残る経費を市が補助します。団体の運営費や補助対象事業以外の経常的な活動費、団体の構成員に対する飲食代や人件費等は補助対象経費とは認められません。

  • 補助希望額(上限50万円)=補助対象経費-自己資金

審査

審査は応募書類と応募団体による公開プレゼンテーションをもとに、市民協働審議会が行います。
※応募団体数が多い場合は、公開プレゼンテーションへの出席は指名制となる場合があります。
※その場合、団体によっては応募審査のみで審査することがあります。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部市民生活課 担当:市民協働推進係

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階・本館2号館1階(市民相談室)<郵便物:「〒238-8550 市民生活課」で届きます>

電話番号:046-822-9699

ファクス:046-821-1522

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?