ホーム > くらし・環境 > 市民活動・市民協働 > 市民活動・ボランティア > 市民活動サポートセンターの概要 > 横須賀市立市民活動サポートセンター運営委託先の選考経過(平成13年度)

更新日:2017年2月15日

ここから本文です。

横須賀市立市民活動サポートセンター運営委託先の選考経過(平成13年度)

平成13年7月13日に開催した市民活動推進フォーラムで、市民活動サポートセンターの運営を委託する団体を選考するための公開プレゼンテーションを実施し、「YMCAよこすかコミュニティサポート」に平成13年10月から運営を委託することになった。

決定までの経緯

平成11年8月、市民活動環境整備検討会議(公募の市民活動団体代表18名)から、「平成13年度を目標に、特定非営利活動法人などの市民団体に運営を委託して、公設民営のセンターに移行する」事を含む「市民活動サポートセンターのあり方について」の報告書が市に提出された。

平成11年11月の市民活動サポートセンター開設以降、市民活動サポートセンター運営委員会(市民活動団体代表等19名、市職員1名)で、委託先選考方法、スケジュール等を審議し、委託先を公募すること、公開プレゼンテーションを行うこと等を決定した。

 

市民活動サポートセンター運営委託先選考の経過

開催日等 内容
平成13年4月1日 受託希望団体の募集開始
平成13年6月29日 応募締切(6団体が申請)
平成13年7月3日~10日 申請書類の縦覧
平成13年7月13日 市民協働推進フォーラムの中で、6団体の公開プレゼンテーション実施同日開催した選考会で、YMCAよこすかコミュニティサポートを選考し、市に推薦した。
平成13年7月16日 選考会の推薦を受け、市として推薦どおり、同団体を委託先に決定し、全ての応募団体に結果を送付した。

 

評価表得点

1位 143点(YMCAよこすかコミュニティサポート)
2位 140点、3位 101点、4位 89点、5位 79点、6位 59点

選考方法

各団体から提出された企画書と公開プレゼンテーションを5人の選考委員が、企画書に沿った7項目について1~5点で評価した。

<選考委員>
・横須賀市市民協働研究専門委員
・横須賀市市民参加型事業研究専門委員
・市民活動サポートセンター運営委員会委員長職務代理
・市民活動サポートセンター運営委員会委員
・横須賀市市民部長
※サポートセンター運営委員が、サポートセンターの開設当初から民営化に意欲を持っていた2人を選考委員として選出した。

<審査項目>
サポートセンター管理運営にあたっての、以下の7項目を審査項目とした。
(1)基本的な考え方
(2)組織体制
(3)予算書
(4)市民協働推進セミナー事業計画
(5)市民活動フェア事業計画
(6)人材
(7)総合力
各項目5点満点、審査委員1人当たり35点(7項目×5点)、合計175点(5人×35点)

 

公開プレゼンテーション終了後、選考委員5人による選考会を開催した。
選考会は公正及び透明性を期するために報道機関及び実行委員に公開とした、結果として出席した記者はいなかった。
選考委員評価表をもとに、申請書縦覧時のアンケート、フォーラムでの参加者アンケートも参考にしながら協議し、評価表で最も得点の高かったYMCAよこすかコミュニティサポートを委託先として推薦した。


お問い合わせ

市民部市民生活課 担当:市民協働推進係

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階・本館2号館1階(市民相談室)<郵便物:「〒238-8550 市民生活課」で届きます>

電話番号:046-822-9699

ファクス:046-821-1522

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?