ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画 > 性別による人権侵害

更新日:2016年9月12日

ここから本文です。

性別による人権侵害

この性別による人権侵害に関する苦情申出制度は、セクハラ等、性別による人権侵害や男女共同参画に関する市の施策に対する苦情の申出に対して、男女平等専門委員が独自に調査し、是正の要請等を行う制度です。
特徴としては、市の様々な仕事を行う(行政権を執行する)機関の附属機関としてではなく、市からは独立した補助機関として、男女平等専門委員を設置していることです。このメリットは、第三者機関的性格を有するため、申出内容に関して必要な事項を直接、専門委員が調査し、是正等の要請をします。
したがって、公正かつ中立的な立場で、問題解決をすることが可能です。また、男女共同参画に関する市の施策についての苦情にも同様に、公正かつ中立的な立場で、問題解決していきますので、市として今後の適正な行政運営のために資することができます。

注1:被害者等本人からの申出が必要です。
注2:匿名での申出はできません。

お悩みの時は、まずデュオよこすか「女性のための相談室」へご相談ください。

申出(申し込み)方法

申出には、所定の申出書(書式)があります。申出書が手に入らない場合は、氏名・住所・電話番号・申出の趣旨及び概要・事案があった日・申出の年月日・他機関への相談状況の必要事項を記載の上、お申し込みください。
(携帯版ホームページでご覧の方は、PC版の人権・男女共同参画課ホームページよりダウンロード可能です。)

申し込み先(FAX、郵送、持参等)

〒238-8550須賀市小川町11番地館2号館2階
市民部人権・男女共同参画課

FAX046-822-4500
電話046-822-8228
※原則、申出書でのお申し込みとなります。

申出以後の流れ

申出(申し込み)がなされますと、形式的な書類審査の後、男女平等専門委員により、原因者に対して申出内容についての聞き取り調査や関係機関等への調整などが行われます。申出者(申し込み者)には、委員が面接を行うことで申出内容の論点整理などが行われこともあります。
また、委員が必要と思われる事案については、申出の原因者に対して、是正等の措置を行うことができます。
なお、公正中立な機関として、調査等を実施し結果を出すため、必ずしも申し込み者(申出者)の意に沿わない結果になることもありますので、制度の趣旨をご理解の上、ご活用ください。

申出・苦情への対応実績報告

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部人権・男女共同参画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階<郵便物:「〒238-8550 人権・男女共同参画課」で届きます>

電話番号:046-822-8228

ファクス:046-822-4500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?