ホーム > くらし・環境 > 人権・男女共同参画 > 人権 > 北朝鮮による人権侵害問題

更新日:2016年11月8日

ここから本文です。

北朝鮮による人権侵害問題

12月10日~16日は北朝鮮人権侵害問題啓発週間です。

「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」は、国民に広く北朝鮮当局による人権侵害問題についての関心と認識を深めてもらうことを目的として、平成18年6月に設定されました。

この機会に、拉致問題をはじめとした北朝鮮当局による人権侵害問題について考えてみませんか。



横田めぐみさんと特定失踪者の写真パネルを展示しました(2016年10月4日)

北朝鮮による日本人拉致問題の解決には、私たち一人ひとりの声が必要です。
より多くの皆様に拉致問題についての理解と関心を深めてもらうことを目的として、標記の写真パネルを下記のとおり展示いたしました。

期間:10月4日(火曜日)~7日(金曜日)12時まで
展示場所:市役所本館1階展示コーナー
内容:横田めぐみさんの写真パネル(10枚程度)、神奈川県関連特定失踪者の写真パネル等展示(19枚)

〈特定失踪者とは〉
・民間団体である「特定失踪者問題調査会」が、「北朝鮮による拉致かもしれない」という失踪者の御家族の届出等を受けて、独自に調査の対象としている失踪者のこと。
・平成24年現在、約470名の調査依頼が来ており、同会のホームページには、約270名が公開されています。そのうち、神奈川県内に住んでいるときに、または県内から失踪した方たちは、17名です。

 

特定失踪者パネル展示

 

 

お問い合わせ

市民部人権・男女共同参画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館2階<郵便物:「〒238-8550 人権・男女共同参画課」で届きます>

電話番号:046-822-8219

ファクス:046-822-4500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?