ホーム > くらし・環境 > 戸籍・住民登録 > 戸籍 > 海外からの戸籍に関する各種証明書の郵送請求

更新日:2017年2月20日

ここから本文です。

海外からの戸籍に関する各種証明書の郵送請求

請求時の注意事項

戸籍証明書等の送付先は原則として現住所(住民登録地)となりますので、日本に在住していた時の住所を海外に異動させる(転出)手続きをされているか否かによって手続きの仕方が変わります。

海外に転出する手続きをしていない場合

海外の居所に戸籍証明書等の送付ができません。送付先が日本の住所となりますので、ご親族の方等に委任していただき代理で取得していただきます。

代理人にご請求いただく際、委任状が必要となる場合があります。郵送での請求も可能です。

海外に転出する手続きをしている場合

海外の住所に戸籍証明書等を送付できます。手続きに関しては、以下をご参照ください。

郵送請求に必要なもの

  • 請求書
    書式は下記の関連ホームページからダウンロードしてお使いください。または、請求に必要な項目を記した便箋等でも可能です。
  • 本人確認書類の写し
    国際運転免許証、現地の運転免許証など海外の住所と氏名の両方が確認できるもの。
  • 返信用封筒(日本切手を貼り、あて先を記入したもの)
    日本切手をお持ちでない場合、手数料から送料分の切手代を差引かせていただきますので、手数料を多めに入れてください。
  • 交付手数料(インターナショナル・ポスタル・マネーオーダー(郵便局取扱い))
    例:戸籍謄本、抄本は1通450円
    ※受取人はYokosuka city hall(横須賀市役所)、住所は11 Ogawa-chou,Yokosuka,Kanagawa 238-8550(〒238-8550 神奈川県横須賀市小川町11番地)となります。

送付先

〒238-8550
横須賀市小川町11番地
横須賀市役所窓口サービス課内 郵送事務処理センター
(問合せ)046-822-8395

その他

  • 海外から「戸籍謄本」をご請求される場合の交付手数料は日本円、アメリカドルによる現金、またはインターナショナル・ポスタル・マネーオーダーでお願いします。
  • インターナショナル・ポスタルマネーオーダーの場合、交付手数料及び返信用郵送料金を差引いた残金がある場合は、大変申し訳ありませんが日本切手でお返しさせていただいております。また、日本円、アメリカドルで残金がある場合も日本切手でのお返しとなります。

 

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:証明窓口係(郵送事務処理センター)

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8395

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?