ホーム > くらし・環境 > 戸籍・住民登録 > 戸籍 > 離婚届

更新日:2017年1月27日

ここから本文です。

離婚届

離婚届は、離婚するときの届出です。
横須賀市以外へ届出される場合は、届出地の市区町村役場にお問い合わせください。

届出期間

  • 協議離婚の場合、届出によって効力を生ずるので、期間の定めはありません。
  • 調停および和解離婚は成立の日を含め、認諾離婚の場合は認諾の日を含め、審判および判決離婚の場合は確定の日を含めてそれぞれ10日以内です。

届出地

  • 届出人の本籍地、所在地(住所地)のいずれかの市区町村役場
  • 横須賀市に届出する場合は、窓口サービス課(市役所1号館1階の10番窓口)または行政センター(市内9か所)へ

届出人

  • 協議離婚のときは、夫・妻
  • 裁判上の離婚のときは、調停もしくは審判の申立人または訴えの提起者

必要なもの

  • 離婚届(窓口に備えています。届出人の署名・押印が必要です。)
  • 届出人(夫・妻)の印鑑(朱肉を使うもの)
  • 戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書(次の1.または2.に該当する場合)
    1. 本籍が横須賀市にない場合
    2. 本籍が横須賀市にある場合でも、この届出により本籍が横須賀市以外になるとき
  • 本人確認書類(協議離婚のとき)
    ※詳しくは、関連ホームページ「戸籍届出時の本人確認について」をご確認ください。
  • 調停調書の謄本(調停離婚のとき)
  • 和解調書の謄本(和解離婚のとき)
  • 認諾調書の謄本(認諾離婚のとき)
  • 審判書の謄本と確定証明書(審判離婚のとき)
  • 判決書の謄本と確定証明書(判決離婚のとき)

注意事項

  • 協議離婚に際し、本人確認書類をお持ちでない場合でも届出は可能です。その場合は、後日届出書に記載されている届出人に対し、届出があったことを郵便でお知らせすることになります。(あらかじめ不受理申出がされている場合は、届出できません。)
  • 協議離婚の場合は、成年の証人2名の署名・押印が必要です。
  • 届出人および証人は,それぞれ別々の印鑑を使ってください。
  • 届出の際、添付する戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書は3か月以内に発行されたもので、その後、変動のないものを用意してください。
  • 離婚をすると、婚姻したときに氏を変えた方は婚姻直前の氏にもどります。ただし、婚姻中の氏をそのまま使い続けることも可能です。その場合は、別に戸籍法77条の2の届出が必要になります。

  • 未成年の子がいる場合は、父母のどちらが親権者になるか決めてから届出してください。
  • 離婚届では子の戸籍は変動しません。離婚届により別の戸籍になった子を同じ戸籍に入籍させるには、別に入籍届を出す必要があります。(その際、家庭裁判所の許可が必要となります。詳細は直接お問い合わせください。)
  • 離婚届では住所の変更はできません。住所の変更がある場合には、別にお引越しの手続きが必要になります。
  • 離婚届を出した後、次の手続き等が必要な場合があります。
    ・国民年金に関する手続き
    ・国民健康保険に関する手続き
    ・児童扶養手当に関する手続き
  • 外国人と離婚する場合や、外国の方式で離婚した場合は、手続きの方法や必要なものが異なりますので、直接お問い合わせください。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:戸籍第1係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8215

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?