ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 国民年金 > 厚生年金受給者の老齢基礎年金

更新日:2016年12月19日

ここから本文です。

厚生年金受給者の老齢基礎年金

国民年金加入期間がある方で、60歳前半の老齢厚生年金を受給しているとき、65歳到達月の上旬に日本年金機構(旧社会保険庁)から「老齢給付裁定請求書」(ハガキ大)が郵送されますので、次の手続きをして下さい。

(1)請求者の欄に本人が必要事項を記入します。
(2)誕生日の月末までに返送します。

注意点

  • 60歳前半の老齢厚生年金は、65歳に到達すると受給権が消滅し、老齢基礎年金および老齢厚生年金の受給権が発生します。
  • 老齢基礎年金および老齢厚生年金の裁定請求は、郵送される「老齢給付裁定請求書」(ハガキ大)を提出することにより行われます。
  • 老齢基礎年金の繰り下げ希望欄に「○印」をすると、老齢基礎年金は65歳での請求にはなりませんのでご注意下さい。

年金受給者の手続きについては、年金事務所(旧社会保険事務所)にお問い合せ下さい。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:国民年金係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8235

ファクス:046-822-1625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?