ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 国民年金 > 遺族基礎年金

更新日:2016年12月19日

ここから本文です。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、国民年金の加入者が死亡した場合、その方によって生計を維持されていた18歳に達する日の属する年度末までの間にある子(障害者は20歳未満)がいる配偶者、または18歳に達する日の属する年度末までの間にある子(障害者は20歳未満)に支給されます。

次に該当する方が死亡したときに所定の保険料を納めた期間を満たしていれば、支給されます。

(1)被保険者、または60歳以上65歳未満で被保険者であった方で、次のいずれかの納付要件を満たしている方

  • 死亡日の前日において、属する月の前々月までに保険料を納めた期間(免除期間・若年者納付猶予期間・学生納付特例期間を含む)が、加入期間の3分の2以上あること。
  • 死亡日が平成28年3月31日以前にあるときは、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの直近の1年間に、保険料の未納がないこと

(2)老齢基礎年金を受けているか、または受給資格期間を満たしている方

請求・相談は

  • 国民年金第1号期間中に死亡した場合は、窓口サービス課(市役所本館1号館1階16番17番窓口)・各行政センターです。
  • 国民年金第3号期間中に死亡した場合は、年金事務所(旧社会保険事務所)です。
  • 厚生年金加入中に死亡した場合は、年金事務所(旧社会保険事務所)です。(遺族厚生年金)
  • 共済組合加入中に死亡した場合は、各共済組合です。(遺族共済年金)
年金額は次のとおりです。(平成28年4月現在・年額)
  • 子がいる配偶者が受けるとき
    子の数が1人のとき
    基本額:780,100円
    加算額:224,500円
    合計:1,004,600円(年額)
  • 子が受けるとき
    子の数が1人のとき
    基本額:780,100円
    加算額:なし
    合計:780,100円(年額)
次の場合に支給停止されます。

(1)死亡した方について、労働基準法の規定による遺族補償が行なわれるときは、死亡日から6年間支給停止されます。
(2)死亡した方について、労災保険の遺族(補償)年金を受けることができるときは、遺族基礎年金は全額支給され、労災保険で支給の調整が行われます。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:国民年金係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8235

ファクス:046-822-1625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?