ホーム > くらし・環境 > 戸籍・住民登録 > 住民登録 > 住基ネット > 住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは

更新日:2016年12月28日

ここから本文です。

住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)とは

  • 氏名・生年月日・性別・住所の4情報、住民票コードとこれらの変更情報により、全国共通の本人確認を可能とする地方公共団体共同のシステムで、電子政府・電子自治体を実現するための基盤となります。
  • 行政機関(国・地方公共団体など)では、住民の方からの各種届出、申請などの際に、今まで提出をお願いしていた住民票の写しの代わりに、住民基本台帳ネットワークシステムから氏名・生年月日・性別・住所などの本人確認情報の提供を受けることが可能となっています。
  • 住民の方は住民票を取りに行くなどの負担が軽減され、行政機関は常に最新の情報を確認することができるため、公平で効率的な行政を行うことができます。また、住民基本台帳ネットワークシステムは、専用回線、専用機器、専用の暗号通信を導入して安全性を高めており、指定情報処理機関が24時間ネットワークの監視を行っています。
  • 操作時につきましても、操作者は生体認証によりシステムにログインする仕組みを採用し、資格のない者の操作はできません。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:住民記録係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8213・8214

ファクス:046-822-1625

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?