ホーム > くらし・環境 > 戸籍・住民登録 > 外国人住民 > 外国人住民の方の引越し手続きが変わりました

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

外国人住民の方の引越し手続きが変わりました

住民基本台帳法が改正され、外国人住民の方も日本人と同様に「住民票」が作成されるようになりました。詳しくはこちらをご覧ください。

そのため、平成24年(2012年)7月9日(月曜日)から、外国人住民の方が引越しの届出をする際の手続きが次のように変わりました。

届出の種類

届出の種類により、手続きが次のように変わりました。

横須賀市に他の市区町村から引越した方(転入)

  • 引っ越した方全員分の在留カードまたは特別永住者証明書が必要です。(一定期間は今お持ちの外国人登録証明書を在留カードや特別永住者証明書として使用できます。)
  • 転出証明書の提出が必要です。(転入前にお住まいの市区町村で発行されます。詳しくはそちらの市区町村にお尋ねください。)
  • 引っ越した方全員の通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)が必要です。
    ※届出時持参しなくてもお手続きはできますが、券面の住所変更のため後日持参いただく必要があります。

横須賀市内で引越した方(転居)

  • 引っ越した方全員分の在留カードまたは特別永住者証明書が必要です。(一定期間は今お持ちの外国人登録証明書を在留カードや特別永住者証明書として使用できます。)
  • 引っ越した方全員の通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)が必要です。
    ※届出時持参しなくてもお手続きはできますが、券面の住所変更のため後日持参いただく必要があります。

横須賀市から他の市区町村に引越す方(転出)

  • 「転出届」の提出が必要です。(届出を行うと「転出証明書」が発行されます。)
  • 届出を行う方本人の身分証明書(在留カード等、運転免許証、保険証など)が必要です。

届出ができる人や場所

次の点が変更されました。

  • 日本人と外国人住民の方が同じ窓口で届出ができるようになりました。
  • 行政センターでも届出ができるようになりました。
  • 本人やご同居の親族以外の方でも届出ができるようになりました。

「委任状」が必要になる場合がありますので、詳しくは窓口サービス課までお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:住民記録係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8213・8214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?