ホーム > くらし・環境 > 戸籍・住民登録 > 外国人住民 > 外国人住民が住民基本台帳法の適用対象になりました

更新日:2017年1月13日

ここから本文です。

外国人住民が住民基本台帳法の適用対象になりました

法律が改正され、平成24年(2012年)7月9日から外国人住民の方に関する登録の取り扱いが変わりました。

主な改正内容は以下の通りです。

外国人登録法が廃止されました。

「外国人登録証明書」は廃止され、新たに「特別永住者証明書」「在留カード」が交付されます。

(特別永住者の方に限り、「外国人登録証明書」表面の次回確認日まで、「外国人登録証明書」を「特別永住者証明書」として使用することができます。)

外国人住民の方も住民基本台帳法の適用対象になりました。

  • 対象は、特別永住者・中長期在留者(日本人の配偶者、定住者等、3か月を超えて日本に適法に在留する者)等に限られます。
  • 外国人住民の方については、日本人と同様に「住民票」が世帯ごとに作成されます。
  • 外国人と日本人の両方がいる世帯についても、1枚の「住民票」に世帯全員が記載されます。

お問い合わせ

市民部窓口サービス課 担当:住民記録係

横須賀市小川町11番地 本館1号館1階(個人番号カード係は本館2号館2階)<郵便物:「〒238-8550 窓口サービス課」で届きます>

電話番号:046-822-8213・8214

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?