ホーム > くらし・環境 > 市民活動・市民協働 > 地域運営協議会 > 地域運営協議会について > 田浦地域運営協議会

更新日:2018年1月18日

ここから本文です。

田浦地域運営協議会

田浦梅林

お知らせ

田浦地域運営協議会広報 第8号を発行し、田浦地域の各ご家庭に配布しました。

田浦地域運営協議会広報第8号おもて(PDF:436KB)うら(PDF:645KB)

 

里山歩きマップを作成しました。

ぜひマップを片手に田浦を散策してください。

里山歩きマップ

里山歩きマップデータダウンロードはこちらから(PDF:729KB)

 

平成29年度の取り組み状況

活動状況

会議

  • 平成29年5月10日に第1回委員会(総会)を開催しました。
  • 平成29年7月21日に第2回委員会を開催しました。
  • 平成29年9月26日に第3回委員会を開催しました。
  • 平成29年12月7日に第4回委員会を開催しました。

イベント

 

  • 田浦鉄道フェスタ2018開催しました。

平成30年1月14日日曜日10時00分~16時00分、田浦コミュニティセンターで、田浦コミュニティセンター主催、田浦地区社会福祉協議会、田浦地域運営協議会共催で開催しました。

関東学院六浦中学校・高等学校の鉄道研究会、横浜私立大学鉄道研究部、女神鉄道模型会(社会人)、京浜急行電鉄(株)、JR東日本(株)の皆さんのご協力により、にぎやかに行われました。

ご家族連れなど約1,540人の来場者があり、大盛況でした。(写真は今後追加していきます。)

 

関東ジオラマ 関東ジオラマ2
江ノ電各駅のジオラマ(関東学院六浦) 京急川崎駅付近のジオラマ(関東学院六浦)
けいきゅん&スカリン 集会室
けいきゅん&スカリン 集会室の賑わい


  • 「秋の田浦地域里山歩きツアー」を実施しました。

実施日 平成29年11月11日土曜日9時から12時30分ごろまで

散策ツアー第3弾「田浦地域里山歩きマップ」のDコース 安針塚駅から、十三峠、のの字坂を通り、JR田浦駅までのコースを歩きました。参加者には、田浦のお土産をさしあげました。

始まる前は突然雨が降ったり風が強く吹いていましたが、スタートしてからは良い天気で、塚山公園からの海の眺めは最高でした。

 里山1里山2里山3

里山4

  • 「あんしんかん防災体験ツアー」を実施しました。

田浦・船越・長浦地域にお住まいの高齢者の方を対象に「あんしんかん防災体験ツアー」を実施しました。

平成29年11月7日、8日の2日間で各日約20人の参加がありました。

東日本大震災のビデオ市長、地震体験、消火体験、煙体験、119番通報体験、消防指令室の見学など貴重な体験でした。あんしんかん1

 あんしんかん4あんしんかん3里山5

事業概要

29年度は次の3つのテーマで事業を行う予定です。

1安心・安全事業

  1. 緊急時情報カードたうら配布 継続
  2. あんしんかん防災体験ツアー
  3. その他提案による

2次世代をはぐくむ事業

  1. 鉄道フェスタ2018(田浦コミュニティセンターや他の団体との共催事業)

3まちの賑わいづくり事業

  1. 里山歩きコース検討
    1. 逗子市との市境などの表示板設置
    2. 里山歩きマップの更新
    3. 秋の田浦地域散策ツアーの企画・実施
  2. 海から田浦を見てみよう(地域への愛着をはぐくむ)
  3. サクラと梅の勉強会
  4. (仮称)自衛隊カフェ

平成28年度の取り組み

平成28年度も安心・安全に関する事業、町の賑わいづくりに関する事業、次世代をはぐくむ事業の3つのテーマで活動を行いました。

各テーマごとに新しい取り組みも始めました。

(1)安心・安全に関する事業

ひとり暮らし高齢者やこれに準じる高齢者への「緊急時情報カードたうら」の配布

緊急時情報カードたうら

  • 高齢者を対象とした「あんしんかん防災体験ツアー」(仮称)平成28年11月11日(金曜日)14日(月曜日)

あんしんかんツアーでテーブルの下に隠れる参加者

(2)まちの賑わいづくりに関する事業

  • 田浦の街をPRするイベントの開催「海から田浦を見てみよう」の開催。平成28年9月24日(土曜日)
  • 「秋の船越から田浦へ散策ツアー」平成28年11月23日(水・祝日)
里山ツアー参加者の様子 里山ツアー1

 

  • 田浦地域里山歩きマップを作成しました。
  • 田浦トンネルグルメの取り組みは、平成29年4月までで終了することになりました。

(3)次世代をはぐくむ事業

田浦鉄道フェスタ2017の共催。平成29年1月8日(日曜日)9時~16時

田浦鉄道フェスタ会場の様子

(4)田浦地域運営協議会と市長との車座意見交換会の開催。平成28年11月17日(木曜日)

平成27年度の取り組み

平成27年度も安心・安全に関する事業、街の賑わいづくりに関する事業、次世代をはぐくむ事業の3つのテーマで活動をしました。

(1)安心・安全に関する事業

  • ひとり暮らし高齢者への「緊急時情報カードたうら」の作成配布の取組み
  • 町内会、自治会単位の災害時、緊急時の要援護者の支援体制づくりの提案
  • 災害時要援護者支援プランの活用と日ごろから助け合える地域づくりのよびかけ(広報紙として安心・安全特集号を全戸に配布しました)

(2)街の賑わいづくりに関する事業

  • 田浦の街をPRするイベントの開催「春の長浦から田浦梅の里散策ツアー」春休み特別企画「海から田浦を見てみよう」
  • 田浦梅林と長浦町(安針塚駅)方面を結ぶ街歩きコースの検討
  • 田浦トンネルグルメのPRと拡充 ※この企画は平成29年4月末で終了しました。

田浦トンネルグルメに新しいお店が加わったとともに購入できる商品が登場しました。

また、田浦地域の福祉事業所(就労継続支援B型事業所)がトンネルをイメージしたクッキーを作っています。いずれも200円

花の街トンネルクッキーヒストリートンネル

NPO法人 横須賀つばさの会 社会福祉法人 横須賀基督教社会館

つばさ第二「花の街トンネルクッキー」 田浦障害者活動センター

「ヒストリートンネル」

 

NPO法人スペース・ほっと

「とんねるくっきー」

田浦トンネルグルメスカリン

  • 「春の長浦から田浦梅の里散策ツアー」(事前申し込み)

安針塚駅近くの長浦コミュニティセンターから吾妻神社を経由して田浦泉町の浦賀道を通り田浦梅の里の登り口まで歩きました。地域の方による町の歴史やほかの散策コースもご紹介しました。

吾妻神社 吾妻神社からの山道 浦賀道の表示

  • 開催日 平成28年3月6日日曜日 9時30分から
  • 集合 長浦コミュニティセンター
  • 参加人数 65名

 

  • 春休み特別企画「海から田浦を見てみよう」(田浦地域にお住まいか通学している小学校5,6年生および中学生対象)

田浦地域は、長浦湾の海と緑に囲まれたまちです。汐入桟橋から船で長浦湾を1周しながら田浦の町の歴史や特徴をわかりやすく解説しました。

船越小学校、田浦小学校、長浦小学校、田浦中学校の児童生徒には学校を通して申込書を配布。他の学区の学校に通学している児童、生徒は田浦行政センターで申込書を配布。

  • 開催日時 平成28年3月30日水曜日 9時 市役所前公園集合
  • 参加人数 60名

長浦湾

 

(3)次世代をはぐくむ事業

  • 田浦青少年自然の家こどもデイキャンプを平成27年6月13日に開催

委員16名と地域の自治会の方、商店会からも参加いただき検討チームや実行委員会を組織して活動しました。

 

平成26年度の取り組み

(1)安心・安全に関する事業

  • ひとり暮らし高齢者への「緊急時情報カードたうら」の作成配布の取組み
  • 横須賀市要援護者支援プランの活用促進の取組み

(2)街の賑わいづくりに関する事業

  • 田浦地域を「トンネルの街田浦」として盛り上げるための企画を考案する。田浦地域の特色ある風景のひとつである海上自衛隊との連携。
  • 田浦トンネルグルメコンテストの開催(田浦コミュニティセンターと共催)

平成26年7月7日月曜日一次審査

平成26年7月30日水曜日二次審査

田浦トンネルグルメの入賞作品紹介ページ 9作品が入賞となりました。

  • 海上自衛隊との連携、トンネルをテーマにしたイベントを開催

 

第2術科学校 秋の見学会掃海艦 七釜トンネル

 

  • 田浦秋の見学会平成26年11月2日日曜日10時から15時まで

JR田浦駅北口、海上自衛隊第2術科学校創設史料室等、海上自衛隊第51掃海隊および海上保安庁横須賀海上保安部桟橋

  • 田浦トンネルグルメを地域の飲食店などにメニューとして扱っていただく取組み

※この企画は平成29年4月末で終了しました。

平成27年2月より船越町の7店舗が田浦トンネルグルメに参加

京急田浦駅周辺(船越町)の7店舗

THE FACE cafe
Ermitage 夢人
レストランらんぶる
朴念仁
森のパン家
四川酒家 成都Dining
インディアンレストラン NEW NISHAN

えびまきポークカツ

雲白肉ユンパイロー

ガトーショコラトンネル

田浦トンネルグルメマップ(PDF:767KB)

 

(3)次世代をはぐくむ事業(第2回委員会に提案)

田浦の良さを次世代に伝え、継承していくための企画を考案する。

  • 田浦青少年自然の家子どもデイキャンプの開催(田浦地区社会福祉協議会との共催)

平成26年9月13日土曜日

 

デイキャンプ

デイキャンプ3 デイキャンプ2

 

(4)その他船越町1丁目護岸付近

  • 長浦地区港湾緑地整備計画についての市への要望

船越町1丁目284番地付近の護岸工事を行い散策路として市民に開放することを内容とする要望書を平成27年3月に市へ提出するための協議を行いました。

 

 

 

  • 「まちづくり子どもアンケート」の実施

子どもたちが自分の住んでいるまちにどのような意識を持っているかを参考にするために、田浦管内の小中学生を対象にアンケート調査を行いました。

  • 平成27年1月~2月実施
  • 船越小学校、田浦小学校、長浦小学校の5・6年生と田浦中学校1年生をあわせた450名

地域の大人も思わずうなずいてしまうような回答から、お子さん独自の目線での回答まで、様々な回答をいただきました。

ありがとうございました。

平成25年度の取り組み

平成25年度は、地域の課題に関する情報交換、課題に対する共通の認識を持つための検討、抽出をおこないました。

2014年3月31日発行田浦地域運営協議会広報第1号(PDF:954KB)

 

広報

2014年3月31日発行田浦地域運営協議会広報第1号(PDF:954KB)

2014年10月24日発行田浦地域運営協議会広報第2号(PDF:1,196KB)

設立趣意

田浦地域は、戦前は横須賀海軍工廠の発展・拡張に伴い発展し、戦後は、平和産業である企業が跡地を継承し現在に至っています。

良好な自然にも恵まれ、「田浦梅林」など観光資源があり、多くの観光客が訪れる自然豊かな地域でもあります。

また、「谷戸」と言う独特な環境から密接な地域関係が作られ、様々なまちづくり団体が活発に活動し、良好な地域コミュニティが形成されてきました。

しかし近年、役員の高齢化や担い手不足、地域コミュニティの希薄化などにより、その活動に苦慮している現状があります。

そこで、各まちづくり団体間で地域における課題の共有、相互理解、相互補完を図り、「地域で暮らす人々が主体となって地域の課題を解決する」ことを目的として、新しいまちづくり組織「田浦地域運営協議会」を設立しました。

委員の構成

 

田浦地域運営協議会会議に出席いただく委員は、田浦地域で活動している以下の地域団体から構成されています。現在は15名です。トンネルを抜ける電車

  • 田浦町連合自治会2名
  • 長浦町連合自治会2名
  • 船越連合町内会2名
  • 田浦観光協会2名
  • 田浦地区社会福祉協議会2名
  • 田浦地区民生委員児童委員協議会2名
  • 田浦行政センター管内商店会(船越地区、田浦地区)2名
  • 田浦地区PTA1名

会則

田浦地域運営協議会会則(PDF:181KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部田浦行政センター 担当:地域コミュニティ係地域運営協議会担当

〒237-0076 横須賀市船越町6丁目77番地 

電話番号:046-861-4181

内線:2045

ファクス:046-861-6112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?