ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2016年11月) > ≪横須賀市のエンディングプラン・サポート事業≫神奈川歯科大学献体事業と・・・全国初の協定(学校法人神奈川歯科大学との共同記者会見)(2016年11月15日)

更新日:2016年11月15日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

≪横須賀市のエンディングプラン・サポート事業≫神奈川歯科大学献体事業と・・・全国初の協定(学校法人神奈川歯科大学との共同記者会見)(2016年11月15日)

ひとり暮らし市民の崇高な意思実現に、市と大学がタッグ

死後、医・歯学教育及び研究のために、ご遺体を無条件・無報酬で提供することを献体と言い、市内では、神奈川歯科大学(以下「大学」と言う。)が献体に関する事業を行っています。(平成27年の献体登録者:745名)

ご本人自身の「医・歯学に貢献したい。」という崇高な理念によって支えられている献体事業ですが、ひとり暮らしで頼れる身寄りがいない方の場合、献体の登録を希望しても、大学側も断らざるを得ないことが多いという実情があります。
これは、ひとり暮らしで頼れる身寄りのない方の場合、死亡手続きや納骨、あるいは死亡情報を大学に知らせる“頼れる遺族”がいないことが多くなっており、大学としても、献体登録をお受けしても、献体を実現できなくなる恐れが強くなるためです。

一方、本市では、ひとり暮らしで頼れる身寄りがなく生活にゆとりのない者を対象に、生前の希望に基づいた死亡手続きや葬儀・納骨の支援を行う“エンディングプラン・サポート事業”を、昨年(平成27年)7月から始めています。
ひとり暮らしで頼れる身寄りのない市民の方が、献体を希望した場合、本人の同意のもと、本市のエンディングプラン・サポート事業にも同時に登録し、大学と市とで情報を共有できれば、死亡手続きや納骨手配、そして死亡情報の入手に関する不安が払拭されるため、大学としても献体登録の希望に応じられるようになります。

以上のように、ひとり暮らしで頼れる身寄りのない市民の方であっても、「献体したい。」という崇高な理念を叶えたいとする大学と、ひとり暮らしで頼れる身寄りがなく生活にゆとりがない高齢市民の葬儀・納骨に関する生前の希望を実現させる本市のエンディングプラン・サポート事業とは、補完関係にあるため、ここに、市民の崇高な理念を実現することを目的として、市と大学の間で、両事業にかかる連携協定を締結する運びとなりました。

お問い合わせ

福祉部生活福祉課 担当:蛭田

横須賀市小川町11番地 分館6階<郵便物:「〒238-8550 生活福祉課」で届きます>

電話番号:046-822-8070

内線:2234

ファクス:046-822-9962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?