ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2016年11月) > 横須賀市認知症初期集中支援チーム(にこっとチーム)が始動しました(2016年11月15日)

更新日:2016年11月15日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

横須賀市認知症初期集中支援チーム(にこっとチーム)が始動しました(2016年11月15日)

~専門医・専門職がチーム員となった認知症相談事業~

これまで本市で実施してきた認知症高齢者相談事業を発展させ、複数の専門職でチームを組み、初期の支援を包括的・集中的に行う、横須賀市認知症初期集中支援チーム(にこっとチーム)を開始しました。認知症や認知症の疑いのある人の相談を受け、専門医の助言により複数の専門職が訪問し、症状など状況の確認、家族支援等の支援をしていきます。

 

  1. 開始時期
    平成28年10月27日(木曜日)に専門医と専門職のチーム員会議を開催し本格始動しました。

  2. チームの設置場所及びチーム員の構成
    市役所高齢福祉課に1チーム設置しています。チーム員は専門医1名と2名以上の専門職で構成し、専門職は地域包括支援センター及び市役所の職員です。
  3. 対象者
    本市に住所を有する40歳以上の在宅で生活している者で、認知症が疑われる、または認知症の人で次の号のいずれかに該当する人とします。
    (1)認知症の診断を受けていない人、または治療を中断している人
    (2)医療サービス、介護サービス等を受けていない者、または中断している人
    (3)医療サービス、介護サービス等を受けているが、認知症と思われる行動または心理症状が顕著に見られるため、その家族等が対応に苦慮している人
  4. 相談窓口
    市役所高齢福祉課または各地域包括支援センター
  5. 実施内容と支援期間
    家族などからの相談を受け、チームでの対象であった場合には、初回訪問で症状など状況を確認してからチーム員会議で検討し、専門医の判断により支援の決定と支援方針の検討を行います。受診、介護サービス利用等の勧奨、認知症についての助言等必要な支援を行うとともに、定期的に行われるチーム員会議で支援方針の検討を行い、安定した生活を送る見通しがつくまで集中的に支援します。
    支援実施期間は概ね6か月間です。

関連資料(PDF:127KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部高齢福祉課 担当:中村

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 高齢福祉課」で届きます>

電話番号:046-822-8291

内線:6111

ファクス:046-827-3398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?