ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 高齢者福祉・介護保険 > 生活支援体制整備事業

更新日:2018年7月10日

ここから本文です。

生活支援体制整備事業

護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)における生活支援・介護予防サービスの体制整備に向けて、全国の市町村で住民も行政も一緒になった地域づくりが始まっており、住民が主体となった支え合い活動の推進が進められています。
横須賀市では、誰もが地域で暮らし続けることができるようにするために、「生活支援体制整備事業」を実施し、地域の互助を高め、地域全体で高齢者の生活を支える体制づくりを進めます。

事業目的

市町村が中心となって、高齢者の生活支援サービスを担う事業主体と連携しながら、多様な日常生活上の支援体制の充実・強化及び高齢者の社会参加の推進を一体的に図っていくこと。

以上の目的を達成するために、生活支援等の体制整備に向けた調整役として、「生活支援コーディネーター」を配置しました。また、地域で高齢者を支援する関係者間の定期的な情報共有・連携強化の場として「協議体」を設置しました。

【協議体】地域支え合い協議会

生活支援・介護予防サービスの体制整備にあたっては、多様な主体の参画が求められることから、横須賀市が主体となり、生活支援コーディネーターや生活支援等サービスの提供主体等が参画し、定期的な情報共有及び連携強化の中核となるネットワークの場として、地域支え合い会議を設置しています。
横須賀市全域を対象とする、よこすか地域支え合い協議会(第1層協議体)の概要は以下のとおりです。

よこすか地域支え合い会議(第1層協議体)の概要

構成員

NPO関係者、地縁組織関係者、福祉関係者、市職員等の17名で、任期は2年です。

会議資料、会議録

平成29年度

平成30年度

これまでの取り組み

平成27・28年度よこすか地域支え合い協議会(旧会議名:横須賀市高齢者生活支援体制整備推進会議)協議経過(PDF:7,370KB)


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部高齢福祉課 担当:地域力推進係

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 高齢福祉課」で届きます>

電話番号:046-822-9804

ファクス:046-827-3398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?