ホーム > 健康・福祉・教育 > 年金・保険 > 高齢者福祉・介護保険 > 介護保険の保険料

更新日:2018年7月25日

ここから本文です。

介護保険の保険料

保険料は、介護保険の重要な財源です

介護保険は、40歳以上の人が介護保険料を負担し、介護が必要な人を社会全体で支え合う仕組みです。介護が必要になったときに安心して充実したサービスを利用できるよう、保険料の納付にご理解とご協力をお願いします。

65歳以上の人(第1号被保険者)の保険料

横須賀市の所得段階の設定

  保険料は、介護保険事業計画に基づき、3年間の介護保険事業費用を賄えるように設定します。

  • 介護保険サービスの総費用や65歳以上の人数をもとに、保険料の基準額が決められます。

横須賀市の基準額 年額66,000円

  • 横須賀市では、本人と世帯の課税状況や所得等に応じ17段階の保険料を設定しています。各段階の保険料は、基準額(第6段階:年額66,000円)に各段階の保険料率を掛けた額です。

 第1号被保険者の保険料額の決定 

保険料は、本人や世帯の課税状況、所得などに応じて下表のいずれかの段階に決定されます。

平成30年度から3年間の保険料

所得段階 対象者 保険料率 年額 月額
第1段階 生活保護受給者 0.45 29,700円 2,475円
第2段階 市民税世帯非課税者(課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下) 0.45 29,700円 2,475円
第3段階 市民税世帯非課税者(課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円を超えて120万円以下) 0.7 46,200円 3,850円
第4段階 市民税世帯非課税者(第1段階から第3段階以外) 0.75 49,500円 4,125円
第5段階 市民税課税世帯・本人非課税者(課税年金収入額と合計所得金額の合計が80 万円以下)

0.85

56,100円 4,675円
第6段階 市民税課税世帯・本人非課税者(第5段階以外)

1.0

66,000円 5,500円
第7段階 市民税本人課税者(合計所得金額が70万円未満) 1.1 72,600円 6,050円
第8段階 市民税本人課税者(合計所得金額が70万円以上、120万円未満) 1.2 79,200円 6,600円
第9段階 市民税本人課税者(合計所得金額が120万円以上、160万円未満)  1.3 85,800円 7,150円
第10段階 市民税本人課税者(合計所得金額が160万円以上、200万円未満)  1.4 92,400円 7,700円
第11段階 市民税本人課税者(合計所得金額が200万円以上、300万円未満)  1.5 99,000円 8,250円
第12段階 市民税本人課税者(合計所得金額が300万円以上、400万円未満)  1.6 105,600円 8,800円
第13段階 市民税本人課税者(合計所得金額が400万円以上、600万円未満)  1.7 112,200円 9,350円
第14段階 市民税本人課税者(合計所得金額が600万円以上、800万円未満)  1.8 118,800円 9,900円
第15段階 市民税本人課税者(合計所得金額が800万円以上、1,000万円未満)  1.9 125,400円 10,450円
第16段階 市民税本人課税者(合計所得金額が1,000万円以上、1,500万円未満)  2.0 132,000円 11,000円
第17段階 市民税本人課税者(合計所得金額が1,500万円以上) 2.1 138,600円 11,550円

 

(注) 

  1. 介護保険料の算定に使用する「合計所得金額」は、収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額で、繰越控除、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。平成30年度からは、この金額から「土地や建物の譲渡所得に係る特別控除額(特別控除額)を控除」及び「公的年金等に係る雑所得(年金所得)を控除(第2段階から第6段階のみ)」した金額です。
  2. 所得情報が無い人は、「暫定段階」として第4段階または第6段階(世帯に課税されている人がいる場合)になります。
  3. 市民税非課税世帯の老齢福祉年金受給者、中国残留邦人の支援給付受給者は、第1段階になります。

65歳以上の介護保険被保険者に対し、保険料額決定通知書を毎年度6月中旬に発送しています。 

納め方

  • 原則として、年金が年額18万円以上の人は、特別徴収(年金からの天引き)となります。
  • 特別徴収ができない場合は、普通徴収(納付書または口座振替)となります。
  • 特別徴収が優先されるため、納める方法(特別徴収か普通徴収か)を選ぶことはできません。
  • 普通徴収の場合は、口座振替が便利です。口座振替を希望される人は、介護保険料の納付書、預(貯)金通帳、金融機関への届出印をもって、横須賀市内の取引金融機関や市役所でお申込みください。
  • 横須賀市に転入してきた人や新たに65歳になった人は、翌年度以降、特別徴収が始まります。それまでは普通徴収となりますので、納付書か口座振替で納付してください。

減免

災害や世帯主の事故などにより生計の維持が難しい場合や、預貯金が小額で収入も少なく保険料の支払いが困難な場合は、申し出により保険料が減額されることがあります。詳しくは介護保険課保険料係へご相談ください。

40歳から64歳までの医療保険に加入している人(第2号被保険者)の保険料

保険料額

加入している医療保険の種類や所得・給料等の額によって、保険料の金額が異なります。詳しくは、加入している医療保険者にお問い合わせください。

納め方

医療保険の保険料と合せて納めます。

納付額の証明(確認)は、医療保険料と合わせて医療保険者が行います。詳しくは、加入している医療保険者にお問い合わせください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部介護保険課 担当:保険料係

横須賀市小川町11番地 分館2階<郵便物:「〒238-8550 介護保険課」で届きます>

電話番号:046-822-8293

ファクス:046-827-8845

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?