ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年11月) > 横須賀市立市民病院で救急用自動車を導入しました(2017年11月22日)

更新日:2017年11月22日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

横須賀市立市民病院で救急用自動車を導入しました(2017年11月22日)

市民病院(指定管理者:公益社団法人地域医療振興協会)は、地域医療支援病院として患者搬送用自動車を保有していますが、車両の更新に合わせ、神奈川DMAT指定病院であることから、災害派遣活動でも使用できる救急用自動車を11月22日(水曜日)に導入しました。
この救急用自動車は、赤色灯、ストレッチャー等を装備しており、12月1日(金曜日)から、主に循環器系疾患患者の医療機関間搬送において医師が同乗し、ドクターカーとしての試行的運用も開始します。
市民病院は、今後も地域の医療機関等と連携を図りながら、医療提供体制の充実に向けて努めていきます。

 

左斜め前から見た救急用自動車


お問い合わせ

健康部地域医療推進課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4346

ファクス:046-822-4363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?