ホーム > くらし・環境 > 安全・安心 > 災害・防災 > 災害時の医療体制(地域医療救護所)

更新日:2015年2月18日

ここから本文です。

災害時の医療体制(地域医療救護所)

災害時の応急手当ては地域医療救護所で

大規模災害発災後の主に急性期(発災~72時間)に、災害医療活動拠点として、地域医療救護所を開設します。最寄りの施設を確認しておきましょう。

  • 地域医療救護所と病院が機能分担して医療救護活動を行うことにより、より多くの生命を守ります。
  • 病院が、重傷者の治療に専念できるように地域医療救護所では、軽・中度の外科的治療に対応します。

地域医療救護所の開設

  • 震度6弱以上の震災時、または設置が必要と判断した場合に、地域医療救護所を開設します。
  • 全9か所中、市内の被災状況に応じて地域医療救護所を開設します。
  • 怪我をされ、自力で来所できる方に医師、看護師が医療救護活動を行います。

地域医療救護所一覧

北図書館

夏島町12

ウェルシティ市民プラザ

西逸見町1-38-11

三春コミュニティセンター

三春町2-12

救急医療センター

新港町1-11

はまゆう会館

衣笠栄町1-47

浦賀コミュニティセンター(分館)

浦賀7-2-1

横須賀総合高等学校

久里浜6-1-1

北下浦市民プラザ

長沢2-6-40

武山市民プラザ

武3-5-1

【ご注意】救急医療センターを除き、通常時は医療機関ではありません。

Q&A

Q1どのような場合に地域医療救護所で受診するのですか?
A1熱傷、骨折、創傷、打撲等の外科的な負傷をしたときで、自力または家族などの補助で来所できる場合です。

Q2地域医療救護所は、発災後すぐに開設するのですか。
A2医師、看護師などのスタッフが参集し、チームを組んで運営するため、開設にはスタッフの参集や準備の時間が必要です。また、初動時は、被災状況等による優先地にスタッフを集約しつつ体制を整えます。必要に応じ順次各地に展開しますのでお待ちください。

Q3地域医療救護所の開設を知ることができますか?
A3防災無線、FMブルー湘南などでご案内します。

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康部地域医療推進課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4332

ファクス:046-822-4363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?