ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 施設 > 指定管理者 > 指定管理者制度導入済施設一覧 > 救急医療センター

更新日:2018年9月14日

ここから本文です。

救急医療センター

施設の管理状況<管理運営に対する市の評価>

下記対象施設の指定管理者による施設の管理状況については、施設を所管する健康部地域医療推進課が定期的に現地確認調査等を行い、適正に管理されているかどうかを確認しています。

対象施設


 

 

指定管理者の概要および業務内容

名称
一般社団法人横須賀市医師会

所在地
横須賀市新港町1番地11

代表者
会長遠藤千洋

指定(管理)期間
2017年04月01日から2025年03月31日

業務
1.救急医療センターにおける医療の提供に関すること
2.救急医療センターの施設及び設備の維持管理に関すること
3.その他

このページに関してのお問い合わせはこちらまで

健康部地域医療推進課
TEL:046-822-4751

2018年度の評価

2018年7月分

  1. 7月31日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 7月の患者実績
    内科1,086人・小児科1,411人・外科792人、計3,289人
  3. 7月の特記事項
    ・7月7日に救急医療センター災害訓練を実施し、地震発生時の初動体制の確認と火災発生による初期消火の訓練を実施した。

   ・7月15日・16日は小児科・外科を12時~20時まで2診体制として診察を行った。

2018年6月分

  1. 6月26日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 6月の患者実績
    内科634人・小児科817人・外科580人、計2,031人
  3. 6月の特記事項
    ・6月15日に救急医療センター連絡会を実施した。

2018年5月分

  1. 5月31日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 5月の患者実績
    内科1,016人・小児科1,112人・外科829人、計2,957人
  3. 5月の特記事項
    ・ゴールデンウィーク期間中の祝日は混雑が予想されたため、12時~20時まで全ての診療科の医師、看護師等を増員し2診体制とした。
    ・ゴールデンウィーク中の市内の診療所の開設状況について、掲示とちらしの配布並びに電話での問い合わせについて対応を行った。

2018年4月分

  1. 4月27日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 4月の患者実績
    内科899人・小児科853人・外科609人、計2,361人
  3. 4月の特記事項
    ・ゴールデンウィークに備え、例年通り市内の診療所の開院状況を調査し、掲示並びに配布を行った。
    ・ゴールデンウィーク期間中は内科、小児科、外科を12時から20時まで2診療体制で行ったため、医師等のスタッフの増員や椅子の増設、感染症患者専用の待機場所の増設準備を行った。

2017年度の評価

2017年度分(年間評価)

指定管理者は、協定書に基づき施設を適切に管理し、健全な運営を行った。

指定管理者としての患者サービスの一環として引き続き、あらかじめ混雑が予想される日は、2診体制を準備して対応した。

平成29年度実績

内科15,645人、小児科16,444人、外科7,670人、合計39,759人

救急車受入実績1,420件

以上のとおり、指定管理者は初期救急医療機関としての責務を本年度も十分に果たした。

 

2018年3月分

  1. 3月30日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 3月の患者実績
    内科1,073人・小児科861人・外科543人、計2,477人
  3. 3月の特記事項
    ・電気設備点検を実施し、異常がないことを確認した。

2018年2月分

  1. 2月28日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 2月の患者実績
    内科2,058人・小児科1,857人・外科398人、計4,313人
  3. 2月の特記事項
    ・インフルエンザ等による患者数の増加に対応するため、あらかじめ混雑が想定された日の日曜・祝日は内科、小児科の一部時間帯を2診体制とし、医師・看護師・薬剤師や事務員も併せて増員し、患者の増加に対応した。
    ・横須賀市医師会災害対策委員会に救急医療センター事務職員も出席した。

2018年1月分

  1. 1月31日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 1月の患者実績
    内科3,410人・小児科2,778人・外科661人、計6,849人
  3. 1月の特記事項
    ・年末年始(12月29日から1月3日まで)の診療体制を例年通り整備し、診療体制を強化した。
    ・1月の祝日、日曜日や一部の土曜日は、医師・看護師・薬剤師や事務職員などのスタッフを増員し、内科・小児科を一時的に2診体制で診察を行い、患者数の増加に対応した。また、待合室に椅子を増設して混雑時の患者負担の軽減に努めた。

2017年12月分

  1. 12月22日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 12月の患者実績
    内科1,791人・小児科1,857人・外科647人、計4,295人
  3. 12月の特記事項
    年末年始(12月29日から1月3日まで)の診療体制を例年通り整備した。
    ・内科・小児科は、8時から24時まで、外科は、12時から20時まで2診体制。
    ・看護師、薬剤師及び事務員の増員。
    ・駐車場整理員を2名配置。
    ・中央待合に折り畳み椅子22脚増設
    ・市内の地区ごとに救急医療センター協力診療所の開院状況の掲示並びに配布。

2017年11月分

  1. 11月29日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 11月の患者実績
    内科803人・小児科967人・外科570人、計2,340人
  3. 11月の特記事項
    ・11月11日に行われた第22回横須賀市医師会災害救護訓練に、救急医療センター職員も参加した。
    ・地域医療救護所として保管している備蓄医薬品の保管方法について協議を行った。

2017年10月分

  1. 10月30日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 10月の患者実績
    内科815人・小児科955人・外科629人、計2,399人
  3. 10月の特記事項
    ・8日・9日の連休は、小児科・外科の診療を12時~20時まで2診体制とした。
    ・医薬品の在庫確保について報告を受けた。。

2017年9月分

  1. 9月27日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 9月の患者実績
    内科855人・小児科1,066人・外科711人、計2,632人
  3. 9月の特記事項
    17日・18日・23日・24日は、混雑を想定して小児科・外科を12時~20時まで2診体制として診療を行った。

2017年8月分

  1. 8月31日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 8月の患者実績
    内科933人・小児科1,147人・外科698人、計2,778人
  3. 8月の特記事項
    ・8月5日よこすか開国祭開国花火大会実施時には、救急医療センター利用者への花火大会による影響がないように対応した。
    ・例年通り、市内診療所の多くがお盆休みとなるため、お盆期間中の診療所等の休診情報を救急医療センター利用者に提供し、救急医療センター受診者の通院等の利便を図った。

2017年7月分

  1. 7月31日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 7月の患者実績
    内科921人・小児科1,492人・外科834人、計3,247人
  3. 7月の特記事項
    ・7月8日救急医療センター災害訓練を実施し、地震発生時の初動体制の確認と火災発生による初期消火の訓練を実施した。
    ・7月16日・17日は、小児科・外科を12時~20時まで2診体制として診察を行った。
    ・7月24日茅ヶ崎市の視察対応を行った。
    ・7月30日ICLSコース(医療従事者のための蘇生トレーニングコース)を実施し、救急医療センターで勤務する医師が参加した。

2017年6月分

  1. 6月22日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 6月の患者実績
    内科743人・小児科889人・外科586人、計2,218人
  3. 6月の特記事項
    ・植栽の管理について打ち合わせを行った。
    ・6月26日救急医療センター連絡会を開催した。

2017年5月分

  1. 5月25日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 5月の患者実績
    内科1,206人・小児科1,403人・外科804人、計3,413人
  3. 5月の特記事項
    ・ゴールデンウィーク期間中の祝日5月3日、4日、5日は混雑が予想されたため、12時~20時まで全ての診療科の医師、看護師等を増員し2診体制とした。
    ・ゴールデンウィーク中の市内の診療所の開設状況について、掲示とちらしの配布並びに電話での問い合わせについて対応を行った。
    ・救急車の受け入れを1日に10台受けた日もあるなど、本市の初期救急医療体制の充実に尽力している。
2017年4月分
  1. 4月24日に現地確認を行い、指定管理者より運営状況を聴取し、協定書に基づいた運営が行われていることを確認した。
  2. 4月の患者実績
    内科1,037人・小児科1,172人・外科589人、計2,798人
  3. 4月の特記事項
    ・ゴールデンウィークに備え、例年通り市内の診療所の開院状況を調査し、掲示並びに配布を行った。
    ・ゴールデンウィーク期間中は小児科と外科を12時から20時まで2診療体制で行ったため、医師等のスタッフの増員や椅子の増設、感染症患者専用の待機場所の増設を行った。

お問い合わせ

健康部地域医療推進課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4751

ファクス:046-822-4363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?