ホーム > よくある質問 > 健康・医療 > 相談 > 被爆者援護対策についてよくある相談内容 > 被爆者の方が死亡した場合の手続きについて

更新日:2017年12月1日

ここから本文です。

被爆者の方が死亡した場合の手続きについて

質問カードNO:4190

質問

被爆者手帳をお持ちの方が死亡した場合の手続きについて教えてほしい。

回答

(1)横須賀市に住民登録がある被爆者の方の受付窓口は、保健所健康づくり課医事薬事係です。

(2)被爆者が死亡したときは、戸籍法の規定による死亡の届出義務者は、死亡した日から14日以内に被爆者死亡届を提出しなければなりません。

(3)届出に必要な書類は、次のとおりです。
被爆者死亡届(保健所にあります。)、被爆者健康手帳、
死亡を証する書類(死亡診断書や住民票の除票などが必要です。)、
手当受給者は手当証書、
印鑑(認印で結構です。)をお持ちください。

(4)葬祭料の支給要件に当てはまる場合は、併せて葬祭料支給申請を行っていただきます。葬祭を実施した証明として、会葬礼状と振込口座が分かるもの(施主が口座名義人である通帳)等をお持ちください。

(5)保健所にお越しになる前に、下記担当あてに電話でお問い合わせください。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課 担当:医事薬事係

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-824-7501

ファクス:046-822-4375

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?