ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > 精神保健福祉 > 医療費の負担を減らしたい(経済)

更新日:2011年11月16日

ここから本文です。

医療費の負担を減らしたい(経済)

自立支援医療(精神通院)制度

精神障害の医療を受けるために払うべき医療費のうちの、一部を公費で負担する制度です。

 入院医療費援護金制度

精神保健福祉法に基づいて入院している人で、所得等条件を満たす人について、 月額1万円の医療援護金が支給されます。

 高額療養費

健康保険を使用して医療機関に支払った医療費が基準額を超えた場合、超えた額が戻ります。

 入院時食事療養費

市民税非課税の人は、入院中の食事療養費が減免されます。

 医療費控除

医療費の自己負担額が年間10万円を超えた場合、税務署に申告し、 税金が課税される所得から控除を受けることができます。



横須賀市精神保健福祉ガイドに戻る

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4336

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?