ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2016年2月) > 「特別集計」に基づく横須賀市の自殺分析結果を公表しました(2016年2月26日)

更新日:2016年2月26日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

「特別集計」に基づく横須賀市の自殺分析結果を公表しました(2016年2月26日)

 市では、市民が自殺により尊い命を失うことが無くなるよう、自殺対策を行っています。自殺対策を行う上で、現状を把握して、対策を立てていくことが重要であるため、「特別集計」により内閣府から横須賀市の自殺者の詳細な情報の提供を受けました。この「特別集計」のデータを基に分析した結果、横須賀市における自殺の特徴が判明しましたので、下記のとおり公表します。
今後、さらに検討を重ね、自殺対策につなげていきたいと考えています。

1 特別集計

警察庁の「自殺統計原票」を内閣府が分析し、地域別(地方公共団体別)、項目別(男女別、年代別他)に分けて公表しています。
地方公共団体が内閣府へ申請をすると、クロス集計を行ってもらい、さらに詳細な情報の提供を受けることができます。これを特別集計といいます。

2 自殺の時期

平成22年から平成26年までの5年間

3 自殺者の地域

横須賀市・神奈川県・全国

4 調査事項

「男女別および年齢別」と「原因別・職業別・月別・曜日別」などのクロス

5 横須賀市の自殺者の主な特徴

(1)40歳代から60歳代までの男性の自殺者が多い
(2)40歳代男性は「勤め人」が多く、50歳代、60歳代の男性は「無職者」が多い
(3)40歳代男性は「経済問題」が多く、50歳代、60歳代の男性は「健康問題」が多い
(4)6月と9月の自殺者数が多い
(5)「健康問題」や「家庭問題」が理由の自殺者数が多い
(6)「その他の無職者」や「勤め人」に自殺者数が多い
(7)「その他の無職者」や「主婦」の割合が全国・県と比べて高い

6 公表方法

市ホームページ

※「自殺統計原票」とは、警察署の検視または検分を行った警察官が作成するもので、自殺者の自殺年月日時、職業、同居人の有無など16項目の調査原票。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康部保健所健康づくり課

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-822-4336

ファクス:046-822-4874

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?