ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2016年2月) > 食中毒の発生について(2016年2月3日)

更新日:2016年2月3日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

食中毒の発生について(2016年2月3日)

1

平成28年1月29日(金曜日)午後3時30分、横須賀市内の飲食店を利用した人から横須賀市保健所に対し、1月26日(火曜日)に市内の飲食店で会食した14名のうち7名が下痢、発熱、嘔吐等の症状を呈している旨の連絡がありました。

調査の結果、発症者の便からノロウイルスが検出されたこと、発症者の症状がノロウイルスの主症状と一致したこと、発症者の共通の食事が当該店舗の食事に限られていること、医師から食中毒患者等届出票が提出されたことから、2月2日(火曜日)、この施設を原因とする食中毒と断定しました。

2食者及び発症者(平成28年2月2日午後5時現在)

喫食者14
発症者7

表1:性別及び年齢別の数
調査対象 30~39歳 40~49歳 50~59歳
男性喫食者 4名 6名 2名 12名
女性喫食者 0名 2名 0名 2名
男性発症者 2名 3名 1名 6名
女性発症者 0名 1名 0名 1名

 

3な症状

下痢、発熱、嘔吐等

4食日時及び発症日時(平成28年2月2日午後5時現在)

喫食日時成28年1月26日(火曜日)午後7時
初発日時成28年1月27日(水曜日)午後7時30分

5因施設

  • 所在地須賀市○○○○
  • 名称○○○○
  • 営業者○○○○
  • 業種食店営業(大衆酒場)

6因食品

平成28年1月26日(火曜日)に原因施設で提供された食事

チャーハン、ヤキソバ、クジラステーキ、アンチョビ、アンキモ、豚シャブサラダ、軟骨揚げ、カキ酢、ポテトフライ、刺身盛り(マグロ、クジラ、アジ、イカ)、枝豆、大根サラダ、トンカツ、鶏の唐揚げ、カキフライ、アイス

7因物質

ノロウイルス

8

平成28年2月2日(火曜日)から2月4日(木曜日)までの3日間営業停止

9市の食中毒発生状況

表2:本市の食中毒発生状況
  件数 発症者数 死者数

平成28年(1月1日~2月2日)

本件含む

1件 7人 0人

平成27年同期

0件 0人 0人
平成27年(1月~12月) 3件 42人 0人

(参考)ノロウイルスについて

特徴

ノロウイルスは、冬期を中心に急性胃腸炎を起こすウイルスです。

下痢、嘔吐及び発熱などの症状があり、通常2~3日で回復しますが、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者では重い症状になることがありますので注意してください。

ノロウイルスは、非常に感染力が強く、ごく少量で発病するため、細心の注意が必要です。

原因

  • ノロウイルスに感染している人の糞便や嘔吐物の処理時に感染
  • ノロウイルスに汚染された二枚貝による感染
  • 食品取扱者がノロウイルスに感染し、その人を介して汚染された食品を食べることによる感染

症状

  • 嘔吐、下痢、発熱

予防

  • トイレの後、調理前、食事の前には石鹸でよく手を洗いましょう。
  • 汚物(糞便や吐物)の片付けが終わったら、石鹸で手を十分に洗い、うがいをしましょう。
  • 二次感染を防ぐため、吐物の処理には使い捨てのマスクや手袋を使用し、床は0.1%の次亜塩素酸ナトリウムで消毒しましょう。
  • 感染者からの二次感染を予防するために、吐物や便で汚れた衣類等を片付ける時は、使い捨てビニール手袋等を使いましょう。
  • 二枚貝の取扱いに注意しましょう。ノロウイルスは、加熱に弱く85~90℃以上90秒間以上の加熱で感染力を失います。
  • 調理に使用した器具類は、よく洗浄・消毒しましょう。

 

お問い合わせ

健康部保健所生活衛生課 担当:食品保健係

〒238-0046 横須賀市西逸見町1丁目38番地11 ウェルシティ市民プラザ3階

電話番号:046-824-2191

ファクス:046-824-2192

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?