ホーム > 健康・福祉・教育 > 福祉 > 相談 > DV相談(女性のための相談窓口)

更新日:2016年2月24日

ここから本文です。

DV相談(女性のための相談窓口)

電話:046-822-8307/相談日時:月~金曜日(年末年始、祝日を除く)10時00分~16時00分

  • 来所相談は予約制になります。お電話でお申し込み下さい。
  • 夜間や休日に相談したい方は、
    神奈川県の配偶者暴力相談支援センター(外部サイト)「女性のためのDV相談窓口」月曜日~金曜日の9時~21時、土曜日・日曜日の9時~17時(年末年始、祝日を除く)/電話0466-26-5550、
    及び「女性への暴力相談【週末ホットライン】」土曜日・日曜日の17時~21時、祝日の9時~21時/電話045-451-0740をご利用ください。
  • 男性の方の相談は、
    神奈川県の配偶者暴力相談支援センター「男性被害者相談窓口」月曜日~金曜日の9時~21時(年末年始、祝日を除く)/電話0570-033-103
    または神奈川県人権センター(外部サイト)「DVに悩む男性のための電話相談」毎週月曜日(年末年始を除く)の11時~16時/電話045-758-0918をご利用ください。
  • 緊急の場合(市役所閉庁時)は、
    警察署生活安全課にご連絡下さい。(市内警察署代表番号/横須賀警察署(外部サイト)046-822-0110、浦賀警察署(外部サイト)046-844-0110、田浦警察署(外部サイト)046-861-0110)

 


 

DV(domestic-violence/ドメスティック・バイオレンス)とは、家庭内暴力のことで、主に配偶者や恋人など親密な関係にある、またはあった者からふるわれる暴力のことをさします。

DVの形態には、殴る・蹴るなどの身体的暴力や無視・物を投げつける・大声で怒鳴るなどの精神的暴力、性行為を強要するする・避妊に協力しないなどの性暴力、生活費を渡さないなどの経済的暴力、親兄弟や友人とのつきあいや外出を制限する・メールのチェックをするなどの社会的暴力などがあります。また、それぞれが複雑に絡み合って起きますので、問題は一様ではありません。

暴力はあくまでも加害者に責任があり、親しい間柄であっても許されるものではありません。また、児童福祉法においては、子どもの目の前でDVが行われることは子どもへの虐待になるとされています。

各機関において、安全確保のための支援や、自立した生活のための支援を行っています。ひとりで悩まずにまずご相談ください。

お問い合わせ

こども育成部こども青少年支援課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階 <郵便物:「〒238-8550 こども青少年支援課」で届きます>

電話番号:046-822-8933

ファクス:046-828-4556

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?