ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 各種事業 > 子育て短期入所生活援助事業(ショートステイ事業)

更新日:2017年3月7日

ここから本文です。

子育て短期入所生活援助事業(ショートステイ事業)

保護者の入院や育児疲れ等により一時的に養育困難となったお子さんを乳児院・児童養護施設で短期間お預かりします。(平成23年7月1日より開始)

1.対象となる児童
住所が横須賀市内にある0歳~18歳未満の児童。
施設での集団生活が可能であること。
以下の理由で保護者が一時的に児童の養育が困難な状態であること。
・保護者の疾病
・育児疲れなど身体的、精神的な理由
・出産、看護など家庭上の理由

2.利用日数
一回の利用につき1泊2日から6泊7日以内。(年間30日以内)
日帰りでの利用はできません。

3.利用料
1日あたり0歳~2歳未満:5,350円、2歳~18歳未満:2,750円
1泊2日の場合、2日分の料金がかかります。
事前に利用料をお支払いただきます。
生活保護世帯、市民税非課税世帯、ひとり親世帯は減免制度があります。
利用期間中に急遽発生した医療費等は保護者負担となります。

4.お預かりする施設
しらかばベビーホーム(乳児院:0歳~2歳未満)
しらかば子どもの家(児童養護施設:2歳~18歳未満)
定員:乳児院、児童養護施設各2名
住所:横須賀市長瀬3-3-1
アクセス:京浜急行久里浜駅下車京浜急行バス久19番バス(千代ヶ崎経由浦賀駅行き)長瀬3丁目バス停下車徒歩2分
※お住まいの地域によっては浦賀駅発のバス(千代ヶ崎経由久里浜駅行き)もご利用いただけます。
詳しくは京浜急行バスのホームページでご確認ください。
京浜急行バスのホームページhttp://www.keikyu-bus.co.jp/(外部サイト)

5.利用上のご注意
施設の空き状況等により、ご希望の日程に沿えない場合があります。
初めてご利用する場合、施設での面接が必要です。
施設への送迎は保護者が行います。
利用期間中、お子さんの通園・通学は原則としてできません。

6.利用のご相談
利用をご希望の方は、市こども青少年支援課までご相談ください。
来庁する際には、利用の理由を示す資料(例えば、母子健康手帳や入院の予定がわかる書類等)をご持参ください。
施設では、利用のご相談及びお申込みを直接受け付けておりませんので、ご注意ください。

お問い合わせ

こども育成部こども青少年支援課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども青少年支援課」で届きます>

電話番号:046-822-8933

ファクス:046-828-4556

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?