ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > ひとり親家庭 > ひとり親家庭などへの医療費助成

更新日:2017年3月28日

ここから本文です。

ひとり親家庭などへの医療費助成

18歳の年度末までにある児童がいる母子・父子世帯などの親子を対象に、健康保険に規定された医療費の自己負担分を助成します(福祉医療証を発行します)。ただし所得制限があります。
なお、薬の容器代、入院時の食事代、特定療養費等については助成の対象外です。

手続き

健康保険証・世帯全員の住民票のほか、必要な書類がありますので、こども青少年給付課にお問い合わせください。
※申請はこども青少年給付課のみで受付けます。

また、マイナンバー制度の開始に伴い、個人番号の確認をさせていただきます。詳しくは下記の横須賀市ホームページ「マイナンバーを利用する事務における本人確認について」をご覧いただくか、担当までお問い合わせください。

関連ホームページ

所得制限

扶養人数に応じて、申請者本人及び同居の家族に所得制限があります。

扶養人数 申請者本人の所得 同居の家族の所得
0人 192万円未満 236万円未満
1人 230万円未満 274万円未満
2人 268万円未満 312万円未満
3人 306万円未満 350万円未満
4人 344万円未満 388万円未満
5人 382万円未満 426万円未満

扶養親族等の数1人につき38万円加算

ホームページ

 

次の場合はこども青少年給付課(はぐくみかん1階)へ届け出てください。

1.医療証をなくしたとき(郵送可)

【必要なもの】

1.窓口での交付を希望する場合

※本人確認書類は戸籍・住民票等の手続きの際に必要なものに準じます。

2.郵送での交付を希望する場合

※郵送の場合は、本人確認書類は不要です。

2.健康保険が変わったとき(郵送可)

【必要なもの】

  • 新しい健康保険証のコピー(郵送の場合、余白に「ひとり親医療保険変更」と明記してください)

3.住所・氏名・同居者・児童の監護状況に変更があったとき

それぞれ、変更のお手続きが必要となります。詳細はお問い合わせください。

4.ひとり親ではなくなった(婚姻等)・児童を監護しなくなったとき

受給資格がなくなりますので、資格喪失のお手続きが必要になります。詳細はお問い合わせください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども育成部こども青少年給付課 担当:自立支援係

横須賀市小川町16番地はぐくみかん1階 <郵便物:「〒238-8550 こども青少年給付課」で届きます>

電話番号:046-822-9809

ファクス:046-821-0424

はぐくみかん1階です。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?