ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 予防接種 > 定期接種(四種混合)

更新日:2018年4月1日

ここから本文です。

定期接種(四種混合)

平成24年11月から、従来の三種混合に「不活化ポリオ」成分を加えた四種混合の接種を始めました。

四種混合(DPT-IPV)とは、ジフテリア(Diphtheria)、百日せき(Pertussis)、破傷風(Tetanus)、不活化ポリオ(IPV)の混合ワクチンです。

キョウコノワクチン(DPT-IPVワクチンのはなし)(PDF:1,506KB)

生後3か月~90か月(7歳6か月)に至るまでの間となります。

  • 1期初回(3回)は、3週以上(標準的には3~8週)の間隔をあける。
  • 1期追加(1回)は、1期初回3回目終了後、6か月以上(標準的には12~18か月)の間隔をあける。

接種券の取り扱い

生後3カ月時に郵送します(各月の10日頃に「乳児健診のお知らせ」に同封されます)。

また、接種券は、早く発行することができます。生後3カ月になり、必要な方はこども健康課(tel046-824-7141)までご連絡ください。

接種場所

協力医療機関(接種券と一緒に一覧表をお送りします)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども育成部こども健康課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども健康課」で届きます>

電話番号:046-824-7141

ファクス:046-824-7144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?