ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 予防接種 > 定期接種(三種混合)

更新日:2017年3月16日

ここから本文です。

定期接種(三種混合)

三種混合(DPT)とは、ジフテリア(Diphtheria)、百日せき(Pertussis)、破傷風(Tetanus)の混合ワクチンです。

平成24年11月から、おもに四種混合ワクチン(三種混合に不活化ポリオワクチン成分を混合したもの)を使うようになりました。

「定期接種(四種混合)」のページもご参照ください)

三種混合ワクチンの販売中止について

平成26年12月4日付の厚生労働省からの通知により、通常の市場での全ての三種混合ワクチンの販売が中止され、厚生労働省による管理がなされることとなりました。

これにより、三種混合ワクチン接種が完了していない方は、四種混合ワクチンへの切替えをお願いいたします。また、下記の場合も四種混合ワクチンを使用いたします。

  • 経口生ポリオワクチンを必要回数(2回)接種済みで、三種混合ワクチンの接種が完了していない場合
  • 不活化ポリオワクチンを必要回数(4回)接種済みで、三種混合ワクチンの接種が完了していない場合

詳細は、こども健康課までお問い合わせください。

対象年齢

生後3か月~90か月(7歳6か月)に至るまでの間となります。

  • 1期初回(3回)は、3週以上(標準的には3~8週)の間隔をあける。
  • 1期追加1回は、1期初回3回目終了後6か月以上(標準的には12~18か月)の間隔をあける。

 

お問い合わせ

こども育成部こども健康課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階 <郵便物:「〒238-8550 こども健康課」で届きます>

電話番号:046-824-7141

ファクス:046-824-7144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?