ホーム > 健康・福祉・教育 > 子育て > 予防接種 > 定期接種(BCG)

更新日:2017年2月23日

ここから本文です。

定期接種(BCG)

BCGは、乳幼児における結核の重症化を予防するため、結核菌を弱毒化してつくった生ワクチンです。

キョウコノワクチン(BCGワクチンのはなし)(PDF:2,196KB)

対象年齢

平成25年4月から、対象者の年齢(上限)が「1歳未満まで」に、引き上げられました。

おすすめの接種時期(標準月齢)は、生後5カ月~8カ月未満です。

B型肝炎予防接種との接種間隔について(平成28年4月1日生以降のお子さま対象)

BCGワクチンは生ワクチンであるため、接種後4週間は他の予防接種を受けることができなくなります。

B型肝炎予防接種よりも先にBCG予防接種を行い、B型肝炎予防接種を遅めに始めると、B型肝炎予防接種を公費負担(1歳誕生日の前日まで)で完了できなくなる恐れがあります。

BCG予防接種のお知らせが届きましたら、指定された接種日時をご確認の上、十分ご注意ください。

接種券の取扱い

生後5か月時に、会場と接種日時を明記した接種券を郵送します(各月の中旬)。

接種日時や会場の変更が必要な場合は、各健康福祉センターまたはこども健康課にお問い合わせください。

接種場所

お住まいの地区によつて、健康福祉センターまたは行政センターになります。接種券にて、お知らせいたします。

他の予防接種との接種間隔

BCGワクチンは、生ワクチンのため、接種後に他のワクチンを接種するには、4週以上の間隔が必要となります。

四種混合ワクチンやB型肝炎・ヒブ・小児用肺炎球菌ワクチンの接種スケジュールを立てる際は、これらの不活化ワクチンを先に接種すれば、1週間後にはBCGの接種が可能になります。スケジュールについては、各健康福祉センターまたはこども健康課にご相談ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども育成部こども健康課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階<郵便物:「〒238-8550 こども健康課」で届きます>

電話番号:046-824-7141

ファクス:046-824-7144

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?