ホーム > 健康・福祉・教育 > 青少年育成 > 放課後 > 学童クラブ

更新日:2016年7月14日

ここから本文です。

学童クラブ

学童クラブとは

学童クラブは、小学生が放課後に安心して過ごせる場です。両親共働き家庭やひとり親家庭など、働きながら子育てをしている家庭では、放課後や学校の長期休みに、子どもだけで過ごすようになりがちです。

学童クラブは「保護者は安心して働くことができ、子どもたちは安全で充実した生活を送ることができるように」との願いから作られています。

 

横須賀市の学童クラブ

市内の全ての学童クラブは、保護者会や法人などが事業者となり指導員を雇用し、運営しています。
市では一定の要件を満たした学童クラブに対して、運営費などの補助をしており、平成27年度、補助金を受けている学童クラブは58団体、約1600人の小学生が利用しました。

小学生の生活は大部分が遊びです。学童クラブでは、異なる学年の子どもが一緒に生活する中で自主的な子ども集団が作られ、社会性・自立心・思いやりなどが育まれます。学童クラブごとに、食事作りや工作、行事などさまざまな活動をしています。

学童クラブの実施場所は小学校の余裕教室、マンション、民家、空き店舗などです。今後、市立小学校の余裕教室を利用する学童クラブを増やしていく予定です。

指導員が見守っています

子どもは毎日いろいろなことに出会います。体調が悪いときや、友達関係や学校での出来事を一人で受け止めることが難しいときもあります。そんなときには自分を受け止めてくれる大人がそばにいると安心できます。学童クラブでは、指導員がそうした子どもたちを見守り援助しています。

指導員募集

学童クラブでは、子どもたちの笑顔いっぱいの中で、一緒に働く指導員を募集しています。

下記をご確認いただき、詳細については、各学童クラブに直接お問い合わせください。

学童クラブの申し込み・問い合わせ

利用できる日時や利用料などは、クラブによって異なります。お申し込みやお問い合わせは各クラブへ直接ご連絡ください。
各クラブのページに開所時間や利用料などの基本情報を掲載しています。

新規学童クラブの設立

平成29年度新たに学童クラブの設立を検討されている方は、8月31日(水曜日)までに教育・保育支援課放課後児童育成係へご相談ください。

  • 児童福祉法第6条の3第2項に定められた放課後児童健全育成事業(学童クラブ)を実施するためには、
    事前に事業開始届を市に届け出ることが必要になります。
  • 条例で放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定めています。
  • 市は児童数や開所日数など、一定の要件を満たした学童クラブに対して運営費などの補助をしています。

放課後対策事業

市では学童クラブの他、余裕教室を利用した「わいわいスクール」、放課後の「ランドセル置き場」などの小学生を対象とした放課後対策事業を実施しています。

 

学童クラブ全般の問い合わせは、

 

  • 教育・保育支援課046(822)8061
  • 横須賀市学童保育連絡協議会事務局FAX046(847)0292へ。

 

 横須賀市の学童クラブ一覧

関連ホームページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

こども育成部教育・保育支援課

横須賀市小川町16番地はぐくみかん5階 <郵便物:「〒238-8550 教育・保育支援課」で届きます>

電話番号:046-822-8061

ファクス:046-825-9123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?