ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年6月) > 国立大学法人東京海洋大学との共同実験について(2017年6月16日)

更新日:2017年6月16日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

国立大学法人東京海洋大学との共同実験について(2017年6月16日)

電気自動車(EV)からの給電によるエレベーター動力利用の実証実験に成功!

本市では、国立大学法人東京海洋大学に協力し、「電気自動車(EV)からの給電で建物のエレベーターが動かせるか?」について、久里浜行政センターにおいて、本市が日産自動車(株)から借り受けている電気自動車(EV e-NV200)と行政センターに設置している電力制御装置(PCS)を利用した実証実験を共同で実施しました。

電気自動車(EV)からの給電は、事務室への照明・事務機器などの電灯電源として利用することができますが、さらに、エレベーターの動力電源としての利用の可能性を検証するための実験です。

実験結果は、エレベーターを問題なく動かすことができたことから、動力電源として利用可能であることが確認され、実証実験は「成功」しました。これにより、災害など非常時のエレベーター停止時に、電力電源として電気自動車(EV)を利用する実用化へ向けた第一歩となりました。

今回得られたデータやノウハウに基づき、今後、実用化に向けた研究・検討が進められることになり、本市としても、電気自動車(EV)の様々な可能性に注目していることから、非常時や電力需要が高まる夏季の節電対策などでの活用も含め、引き続き、協力していきたいと考えています。

  1. 実施日時・場所 平成29年6月10日(土曜日)14時00分~16時00分 久里浜行政センター
  2. 実施主体 国立大学法人東京海洋大学(三井住友建設(株)との共同研究)
  3. 実験内容 エレベーター内に重り400kgを置き、20kgずつ軽くしていき3階まで往復させ、電気自動車(EV)からの給電量やエレベーターへの電力負荷等のデータを取得
  4. 実験結果 電気自動車(EV)からの少ない給電量でエレベーターは問題なく稼働
  5. その他 国立大学法人東京海洋大学では、エネルギー構想の社会実装として、電力の見える化とスマートコミュニティ構築、及び非常時の電源供給の開発を三井住友建設(株)と共同研究していて、本市はその研究に協力しています。なお、三井住友建設(株)では、当該案件について本日ニュースリリースを予定しています。

エレベーター内の重り 給電中の電気自動車(EV)

お問い合わせ

環境政策部環境企画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 環境企画課」で届きます>

電話番号:046-822-8524

ファクス:046-821-1523 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?