ホーム > くらし・環境 > 身近な自然・環境 > 環境施策 > YES<横須賀市環境マネジメントシステム> > 環境配慮行動の市長表彰

更新日:2017年1月18日

ここから本文です。

環境配慮行動の市長表彰

平成28年度優良取り組み表彰式

左から、こども育成総務課・佐藤課長補佐、保健所生活衛生課・佐藤課長、総務課・杉本課長、吉田市長、資源循環施設課・高橋課長、健康総務課・田村課長、北消防署・中丸署長

 

平成28年度YES内部環境監査の結果に基づき選定された、特に優れた取り組みに対して、平成29年1月16日に市長表彰を行いました。

最優秀賞:公衆トイレの照明LED化等資源循環施設課

取り組み内容

資源循環施設課では、公衆トイレの照明を適宜LED化し、人感センサーの設置を進めました。水道の蛇口も適宜ワンプッシュ節水型に変更しています。電気代、水道代の削減に加え、市民から「明るくなった」との意見もありました。市民への啓発効果も期待できる点も評価されました。

優秀賞:コピー機における紙の使用抑制(総務課)

取り組み内容

総務課所管のカラーコピー機を含めた23台すべてのコピー機にコピー1枚当たりの単価を表示しました。コピーを使用する際に、必ず目に触れる直接的な啓発であり、全職員への環境啓発効果が非常に高い点が評価されました。

努力賞:デジタル温度計を活用した冷暖房操作の導入健康総務課課)

取り組み内容

健康総務課では、デジタル温度計を健康部各課(ウェルシティ内)に配布し、実際の気温を元に冷暖房操作を行う仕組みを構築しました。事務室ごとに温度調節が可能な職場においては、もっぱら体感温度を判断基準として暖房操作を行うことが多い中、各課に同じ温度計を配付し、実際に計測した気温の高低を操作の判断基準としたことが評価されました。

努力賞:動物愛護センターにおける空調効率の改善について保健所生活衛生課)

取り組み内容

動物愛護センター動物愛護棟は、真冬や真夏の最盛期には3台の空調機をフル稼働させないと十分な空調効果を得ることができませんでしたが、普段使用していない多目的ルームを遮断することにより、空調機の稼働台数を3台から2台に削減し、電気代を削減しました。本取り組みで使用した材料は、既存のパーテーション、不用となった捨て看板及び動物愛護センターで日常使用しているゴミ袋と養生テープであり、ほとんど経費が掛からなかった点も評価されました。

節電特別賞:空調設備(フィルター)の定期的な清掃及び点検の実施消防局北消防署

取り組み内容

消防局北消防署、北消防署追浜出張所及び長浦出張所では、空調設備(フィルター)の定期的な清掃及び点検を実施しています。職員が、空調設備の清掃等を定期的に行うことで、電力消費量の削減につながるだけでなく、衛生面においても高い効果があることが評価されました。

節電特別賞:エアコンフィルター清掃の統一的実施こども育成総務課(青少年会館)

取り組み内容

施設間で実施状況が異なっていた青少年の家(15施設)のエアコンエアフィルター清掃を稼働率が高まる夏と冬の前に統一的に実施しました。職員へフィルター清掃方法を写真付きで解説、利用者の理解を求める操作パネルへの節電啓発用掲示例を示すなど周知方法を工夫している点が評価されました。

 

お問い合わせ

環境政策部環境企画課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 環境企画課」で届きます>

電話番号:046-822-8524

ファクス:046-821-1523 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?