ホーム > くらし・環境 > 身近な自然・環境 > 補助・融資 > 市街化区域内における樹林地の保全支援制度

更新日:2017年2月9日

ここから本文です。

市街化区域内における樹林地の保全支援制度

みどりは私たちの生活になくてはならない大切な財産です。
市では、市街化区域内にある貴重な樹林地を保全するために、樹林地の所有者と市で保全契約を結び、契約者に「樹林地保全支援金」を支給しています。
貴重なみどりを保全し、みどり豊かなまちづくりのため、ご協力をお願いします。

市街化区域内樹林地

 

制度の内容
対象 市街化区域内にある500平方メートル以上の樹林地で、地目が山林または雑種地
契約期間 5年間(契約満了後は契約を更新するか選択できます)
支援金算定方法

契約した樹林地の固定資産税及び都市計画税の額に3を乗じて得た額と契約した樹林地の面積1平方メートルあたり2円を加えた額

支援額=(固定資産税額+都市計画税額)×3+契約面積×2

上記のほか、契約締結についての要件がありますので、詳しくは自然環境共生課までお問い合わせください。

 

お問い合わせ

環境政策部自然環境共生課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階 <郵便物:「〒238-8550 自然環境共生課」で届きます>

電話番号:046-822-8559

ファクス:046-821-1523

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?