ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 広報 > 報道発表資料 > 報道発表資料一覧(2017年11月) > 猿島公園における土砂崩れ事故について(詳報)(2017年11月7日)

更新日:2017年11月7日

ここから本文です。

YOKOSUKA NEWS RELEASE

猿島公園における土砂崩れ事故について(詳報)(2017年11月7日)

(報告内容)
猿島公園で土砂崩れ事故が発生しました。詳細については下記のとおりです。
なお、「8発生現場の状況」以降が、新たな報告となります。

1.事故要因

土砂崩れ

2.発生日時

平成29年11月6日(月曜日)14時30分頃

3.発生場所

猿島公園 日蓮洞窟下の磯場付近

4.被害状況

けが人5名
男性グループ3名、女性グループ2名

5.怪我の状況

軽傷(土砂崩れによる、かすり傷や打撲)

6.発生時の状況

落石事故発生時に男性2名は岩場から土砂回避のため海に飛び込んだ。
男性1人は落石が膝にぶつかり打撲、女性2名は足もとにに土砂が50センチ程度埋まった。

7.経過

1.15時14分(株)トライアングルから119番通報
2.15時20分臨時便にて救急搬送
3.男性グループ3名は市立うわまち病院へ搬送。女性グループ2名は横須賀共済病院へ搬送
4.落石発生箇所は立ち入り禁止処置

8.発生現場の状況

高さ約20mの崖下に、幅約5~10mの磯場が広がっている。
崩落箇所は、鉄製階段下から約10m離れた場所で、崖地の中腹部において、幅約8.0m、高さ約5.0mに渡り崩落した。崩落物は、砂岩と砂質土が主であり、大きなもので直径約1.0mの落石も含まれていた。崩落は自然崩落であるが、日常の見回りでは予見が無く、台風21号・22号、長雨が間接的な原因であると予測される。

9.けが人の詳細

 

区分

性別

職業

年齢

住所

搬送

受診

症状

A

男性

学生

20

東京都

打撲、切り傷

A

男性

学生

19

東京都

打ち身

A

男性

学生

20

東京都

打ち身

B

女性

学生

18

横浜市

擦り傷

B

女性

学生

19

川崎市

擦り傷

 

※入院無し。治療費・物損費等は施設所有者賠償責任保険で対応予定。

10.現地の封鎖

11月6日(月曜日)の崩落直後、当該箇所に下りる階段、及びオイモイ鼻広場の階段を封鎖。
11月7日(火曜日)午前中に、猿島公園全域の崩落等の危険箇所を点検した。

11.今後の対応

公園内において危険性のある崩落箇所は、公園外周の磯場上部の崖地が主である。
磯場へ行ける箇所は3箇所あり、その対応は以下のとおり。

区分

場所名

11月6日まで

11月7日以降

磯遊び

1

砂浜奥

立入禁止

立入禁止

不可

2

オイモノ鼻広場下

立入禁止
(片側)

立入禁止
(両側)

階段下のみ可

3

日蓮洞窟下

立入可

立入禁止

不可


今回の崩落箇所は、普段から人があまり立ち寄らない箇所であるため、保護工事等は行わず、安全距離を確保可能な場所で立入禁止措置をし、経過観察とする。
但し、法面の安定化(浮石除去や落下しそうな樹木撤去)作業について、今後、業者による検地予定。

お問い合わせ

環境政策部公園管理課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 公園管理課」で届きます>

電話番号:046-822-9561

内線:6124

ファクス:046-821-1523

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?