ホーム > 市政情報 > 横須賀市紹介 > 施設 > 指定管理者 > 指定管理者制度導入済施設一覧 > 公園墓地の管理状況

更新日:2018年1月1日

ここから本文です。

公園墓地の管理状況

施設の管理状況<管理運営に対する市の評価>

下記対象施設の指定管理者による管理状況については、施設を所管する環境政策部公園建設課が定期的に現地確認調査等を行い、適正に管理されているかどうかを確認しています。

対象施設

公園墓地

指定管理者の概要および業務内容

名称
横須賀公園墓地管理グループ(西武造園(株)、横浜緑地(株)、湘南造園(株))

所在地
東京都豊島区南池袋1丁目16番15号

代表者
西武造園株式会社 取締役社長 林 輝幸

指定(管理)期間
2014年4月1日から2018年3月31日

業務
1休憩室の使用の許可に関すること。
2墓地の施設及び設備の維持管理に関すること。
3その他

2017年度

2017年11月

施設の管理運営は、良好に行われている。
管理事務所職員にコンプライアンス・個人情報保護等に関する研修を受講させ、職員の能力向上を図っている。
また、事務所前花壇を冬・春向けに植え替えたり、枯木の伐採等を行うなど、園内の景観向上に努めていた。

2017年10月

施設の管理運営は、良好に行われている。
設備年次点検に伴う断水に関する事前周知等の対応を行っており、来園者の利便性を損なわないよう配慮していた。
また、台風21号の影響で園内の数カ所で倒木等の被害が発生したが、迅速に処理を行ない、施設の適正な管理運営に努めていた。

2017年9月
施設の管理運営は、良好に行われている。
防災訓練として県の主催している「かながわシェイクアウト」を実施するなど、防災対策の向上を図っている。
秋のお彼岸には渋滞に備えて開門時間を早める等、柔軟な対応を行った。
また、循環車を4日間運行し、利用者の利便性向上に努めていた。

2017年8月
施設の管理運営は、良好に行われている。
旧盆の時期に循環車を3日間運行し、利用者の利便性向上に努めた。
また、地元で開催された震災時避難所運営訓練に、事務局員として参加するなど、地域に密着した公園墓地運営を行っている。

2017年7月

施設の管理運営は、良好に行われている。

新盆の時期に循環車を4日間運行し、利用者の利便性向上に努めた。

また、管理事務所駐車場の段差にゴムマットを敷設してバリアフリー化を図った。

ボランティアを募ってヒガンバナの植え付けを行うなど、本市の市民協働の姿勢に沿った施設の運営を行っている。

2017年6月

施設の管理運営は、良好に行われている。

公園墓地に隣接した住民からの樹木の伐木依頼について、迅速に対応していた。

また、7・8月のお盆時期に向けて、墓地内の交通整理について打ち合わせを行うなど、利用者が快適に墓参を行えるための準備を行っていた。

これからのお盆やお彼岸に向け、引き続き適切な植栽及び安全管理をお願いしたい。

2017年5月
施設の管理運営は、良好に行われている。
武山中学校の職業体験の受け入れを行い、地域に密着した公園墓地運営を図っている。
また、市が実施している緑のカーテン事業にも参加し、ゴーヤを植えることで温暖化及び節電対策に積極的に取り組んでいる。

2017年4月
施設の管理運営は、良好に行われている。
南消防署の協力の下、地元住民とともに防災イベント「そなえパークの日」を実施したり、岩戸小学校の遠足を受け入れるなど、地域に密着した公園墓地運営を図っている。

2016年度

2016年度分(年間評価)

施設の管理運営は良好に行われている。

地元の小学生の遠足や中学生の職業体験の受け入れ、園内で地元の方を交えてラジオ体操の定期的な実施、地元町内会とともに震災時の避難所運営訓練を行うなど、地域住民と密着した墓地の管理・運営を行っていた。

また、例年同様お盆やお彼岸の時期に園内に循環バスを運行させたり、西側臨時門の開放により車両の渋滞を緩和するなど、利用者の利便性向上を図っている。

今後も、公園墓地利用者の満足度向上を目指した取り組み及び公園墓地の管理に努めてください。

2017年3月
施設の管理運営は良好に行われている。
お彼岸の時期に、渋滞予測のホームページへの掲載や、看板を設置するなどの渋滞対策や利用者の安全確保を図った。また、4日間の園内循環車の運行と、車両の誘導及び西側臨時門の開放により、車両渋滞の緩和対策を実施し、利用者の利便性向上に努めていた。
墓所変更手続きに伴う届書件数の増加により、公園建設課への書類の送致が遅れる事案が発生したため、原因究明及び再発防止策を書面で報告するよう指示した。

2017年2月
施設の管理運営は、良好に行われている。
3月のお彼岸に向けて、警備会社と人員配置について検討を行い、警備計画書を市に提出するなど、繁忙期に向けての準備を入念に行っていた。
報告にあった受水槽のポンプの不具合について、速やかに対応するよう指示した。

2017年1月
施設の管理運営は、良好に行われている。冷え込みによる水道の凍結に備えポリタンクを用意するなど、施設利用者の利便性向上に努めている。
また、車椅子で来場される利用者のために事務所前の階段に設置するための着脱式のスロープを作成し、施設のバリアフリー化を図っている。

2016年12月
施設の管理運営は、良好に行われている。年末年始は、警備員を配置し、墓参者の安全確保に努めた。
また、12月5日から受付を開始した、一般墓地から期限後合祀型合葬墓への墓所変更の手続きについても、事前に入念な準備をしていたため、当日に混乱をきたすことなく、円滑に事務手続きが行われ、利用者からの苦情等も殆ど無かったことは、高く評価できる。

2016年11月
施設の管理運営は、良好に行われている。
12月5日から受付開始予定の期限後合祀型合葬墓の墓所変更申込について、入念な事前準備を行っていた。
今月から電話回線を1回線増設することにより、利用者の利便性向上に努めていた。
また、地元町内会とともに震災時の避難所運営訓練を実施し、地域に密着した公園墓地運営を図っている。

2016年10月
施設の管理運営は、設備年次点検に伴う停電及び断水による事前周知等の対応を行っており来園者の利便性に配慮していた。
また、管理事務所前の花壇づくりについて、ボランティアを募って行うなど、本市の市民協働の姿勢に沿った施設の運営を行っている。

2016年9月
施設の管理運営は、良好に行われている。
秋のお彼岸は、事前に警備計画による準備を行い、渋滞予測のホームページへの掲載や、看板を設置するなどの渋滞対策や利用者の安全確保を図った。
また、循環車を5日間運行し、利用者の利便性向上に努めていた。

2016年8月
施設の管理運営は、良好に行われている。
お盆の時期に運行している循環バスについて、昨年度より1日当たりの乗車数が増えており、利用者への周知が進んでいる。
西側臨時門の入場車両についても、昨年度同時期と比較して増加しており、混雑の緩和による利用者の利便性向上につながっている。
また、地域住民とともに事務所前広場でラジオ体操を継続して行い、地元との交流に努めている。

2016年7月
施設の管理運営は、良好に行われている。
新盆の時期に循環車を4日間運行し、利用者の利便性向上に努めた。
接遇や法令等の研修を行い、職員の能力向上を図っている。
使用者や近隣住民から要望があった樹木の伐木や枝の剪定について、速やかに対処し安全管理に努めた。
西側臨時門の監視カメラの故障については、速やかに修繕を行うよう指示した。

2016年6月
施設の管理運営は、良好に行われている。
地元町内会の運営委員として防災訓練の打ち合わせに参加するなど、地域に密着した公園墓地運営を行っている。
また、7月のお盆に向けて利用案内及び循環バス案内の看板掲出などにより、利用者が快適に墓参を行えるための準備を行っていた。
これからのお盆やお彼岸に向け、適切な植栽及び安全管理などを引き続きお願いしたい。

2016年5月
施設の管理運営は、良好に行われている。
大矢部小学校の遠足や武山中学校の職業体験の受け入れを行い、地域に密着した公園墓地運営を図っている。
また、市が指示した雑草・雑木の除去についても、迅速に対応している。

2016年4月
施設の管理運営は、良好に行われている。
岩戸小学校の遠足の受け入れを行い、地域に密着した公園墓地運営を図っている。
また、公園墓地に隣接する住民からの木の伐採要望について、迅速に対応している。

2015年度

2015年度分(年間評価)
施設の管理運営は良好に行われている。
お盆やお彼岸の時期には、事前の西口臨時門の開放により車両の渋滞を緩和するなど、利用者の利便性向上が図られた。
また、昨年度に続き地元町内会と消防署の指導によるAED使用方法の体験等の開催や、園内で地元の方を交えてラジオ体操を定期的に行う等、地域住民と連携した取り組みを実施していた。
今後も、地域との連携を図りながら、利用者の満足度向上を目指した取り組み及び公園墓地の管理に努めてください。

2016年3月
施設の管理運営は良好に行われている。
お彼岸の時期に、4日間の園内循環車の運行と、車両の誘導及び西側臨時門の開放により、車両渋滞の緩和対策を実施し、利用者の利便性向上に努めていた。
また、南消防署の協力のもと、そなえパークの日(防災訓練)を実施したり、ラジオ体操会場の提供など、地域に根ざした活動を継続して行っている。

2016年2月
園内の危険が予想される箇所を点検し看板を設置する等の対策を行うとともに、設備の不良についても迅速に対応しており、施設の管理運営は、良好に行われている。
また、中学校の職場体験学習の受け入れ、ラジオ体操会場の提供及び防災訓練の実施により地域に根ざした活動を継続して行っている。

2016年1月
施設の管理運営は、良好に行われている。冷え込みによる凍結箇所の確認と凍結時の融氷雪剤の準備を行い安全管理に努めている。
また、市民が参加できるラジオ体操会場の提供と3月に防災体験を予定しており、地域に密着した公園墓地運営を図っている。

2015年12月
施設の管理運営は、良好に行われている。年末年始は、警備員を配置し、墓参者の安全確保に努め、今年度から墓参者の利便性向上として、年末年始の期間も休憩所のロビーを開放した。
また、地元町内会とともに、「震災時避難所運営訓練」に参加し、地域に密着した公園墓地運営を図っている。

2015年11月
施設の管理運営は、ベンチ補修・花の植え替えなど適切な対応を行っている。
また、年末年始について、警備計画を作成し安全確保を図るとともに、今年度からは休憩所ロビーを開放し、来園者が休憩できるよう利便性に配慮した運営に努めている。

2015年10月
施設の管理運営は、設備年次点検に伴う停電及び断水による事前周知等の対応を行っており来園者の利便性に配慮していた。
また、市のラジオ体操の推進に賛同し、管理事務所前をラジオ体操会場としての登録を計画している。登録後は、地域に根ざした施設として会場を開放し、地域住民の方の参加を募ることも予定している。

2015年9月
施設の管理運営は、園内の除草・伐採について計画的に実施しており、良好に行われている。
秋のお彼岸は、事前に園内の清掃と警備計画による準備を行い、循環車を5日間運行し来園者の利便性向上に努めていた。連休中は天候に恵まれたこともあり、園内での渋滞が発生することなく、来園者の安全確保を図っていた。

2015年8月
施設の管理運営は、良好に行われている。
お盆の時期は、循環車を昨年度より1日多い4日間運行し来園者の利便性向上に努めた。また、西側臨時門の入出場も多く見られるようになり混雑も緩和されてきている。
秋のお彼岸は、警備員の配置を計画し、園内の交通整理と来園者の安全確保が図れるよう努めている。

2015年7月
施設の管理運営は、良好に行われている。
新盆の時期に循環車を3日間運行し、利用者の利便性向上に努めた。
また、ハチの巣や使用者からご要望があった墓所付近の樹木の剪定や強風による倒木の撤去について、速やかに対処し安全管理に努めた。

2015年6月
施設の管理運営は、良好に行われている。
7月のお盆に向けて利用案内及び循環バス案内の看板掲出、ホームページでの告知及び草刈りや枯花回収により利用者が快適に墓参を行えるための準備を行っていた。
これからのお盆やお彼岸に向け、適切な植栽及び安全管理などを引き続きお願いしたい。

2015年5月
施設の管理運営は、良好に行われている。
5月30日に発生した震度4の地震後は、倒壊等の被害が無かったことを速やかに調査していた。
また夏に向けて、ハチトラップの設置によりハチの巣をなるべく作らせない予防策を行っており、来園者の安全を維持する準備に努めていた。

2015年4月
施設の管理運営は、良好に行われている。
岩戸小学校の遠足の受入れを行い、地域に密着した公園墓地運営を図っている。
また、公園墓地に隣接する住民からの木の伐採要望について速やかに対処していた。

2014年度

2014年度分(年間評価)
施設の管理運営は良好に行われている。
お盆やお彼岸の時期には、事前に西口臨時門の開放と渋滞予想を広報したことから、今年度は車両の渋滞も解消されて墓参者の利便性向上が図られた。
また、3月11日に地元町内会と消防署の指導による消火訓練、AED使用方法の体験を開催し、地域住民と連携した防災の取り組みを実施していた。
今後も、利用者の満足度がより高まるような取り組み及び地域の方との連携を図りながら公園墓地の管理に努めてください。

2015年3月
施設の管理運営は、良好に行われている。
お彼岸の時期は、5日間の園内循環車の運行と車両の誘導及び西側臨時門の開放により車両渋滞の緩和対策を実施し、利用者の利便性向上に努めていた。
事前のPR効果もあり、お彼岸時期の分散型参拝が見受けられることと事故なく終了したとの報告を受けた。

2015年2月
施設の管理運営は、良好に行われている。園内における故障箇所の把握と補修を適切に行い安全確保に努めた。
また、春のお彼岸に向けて、ホームページ上で渋滞情報、園内循環バスのお知らせを掲載し、利用者の利便性向上に努めている。

2015年1月分
施設の管理運営は、良好に行われている。
冬季における積雪と路面凍結によるスリップ事故がないよう墓参者の安全確保に努めている。
また、春のお彼岸に向けて、来園者の安全を維持する適切な管理の準備に努めていた。

2014年12月分
施設の管理運営は、良好に行われている。
年末年始は、天候の影響で12月30日に車両の混雑が一時的にあったものの、警備員を配置して交通整理や墓参者の安全確保を行い、無事に新年を迎えた。
春のお彼岸に向けて、西側臨時門開放等を含めた全体の見直しと点検により、来園者の安全を維持する適切な管理をお願いしたい。

2014年11月分
施設の管理運営は、良好に行われており、利用者からのご意見ご要望に対して、速やかに対応していた。
また、年末年始に向けた警備計画を作成し、車両・歩行者の安全性及び利便性の向上に努めている。これからお墓参りの多くなる時期を迎えるので、来園者の安全を維持する適切な管理をお願いしたい。

2014年10月分
台風通過予報に伴い事前の安全対策と通過後の園内安全確認を実施していた。
また、11月に年度点検に伴う停電と断水についても、事前に看板の掲示を行い、利用者の安全性及び利便性の向上に努めていた。

2014年9月分
9月のお彼岸(20日~26日)では、5日間循環バスを運行するとともに、西側臨時門を開設した。また、事前に市の広報誌・ホームページでの呼びかけ・園内での渋滞に関する看板の掲示により、車両渋滞緩和等の利用者の利便性向上に努めた。

2014年8月分
施設の管理運営は、概ね良好に行われている。
お盆に循環車を3日間運行し、利用者のサービス向上に努めた。また、正門入口外側の車道の凹みについて、舗装工事を依頼し事故を未然に防ぐよう努めていた。

2014年7月分
施設の管理運営は、良好に行われている。
新盆の時期に循環車を3日間運行し、利用者の利便性向上に努めた。
スズメバチの活動が活発となり、ハチの巣については速やかに駆除するとともに、使用者への注意喚起を行い安全管理に努めた。
また、お彼岸の球根(真夏のクリスマス)を植え付け、景観の維持に努めていた。

2014年6月分
施設の管理運営は、良好に行われている。
墓所回りの木からの枯れ葉、木の実の掃除や、滑りやすくなった階段の高圧洗浄を速やかに対処していた。
また、7月の新盆へ向けて墓地内の草刈り、園内循環バスなど快適に利用してもらえるよう準備に努めていた。

2014年5月分
施設の管理運営は、良好に行われている。
公園墓地に隣接する住民から要望があった枯れ木の片付け、不法投棄について、速やかに対処していた。
また、公園墓地内の清潔な雰囲気についての感謝の意見も見受けられた。

2014年4月分
施設の管理運営は、良好に行われている。
見学会イベント及び小学校遠足の受入れを行い、地域に密着した公園墓地の運営が図られている。
また、利用者安全のため、16区・22区・24区トイレに感知式照明を設置した。

お問い合わせ

環境政策部公園建設課

横須賀市小川町11番地 本館2号館6階<郵便物:「〒238-8550 公園建設課」で届きます>

電話番号:046-822-8338

ファクス:046-823-6850

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?